よろしくどうぞm(_ _)m
    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飛んでイスタンブール   

飛んでイスタンブゥ~ルゥ~♪

フンフ フンフフ ルゥ~ルゥ~♪

まぁ、こんな感じで意気揚々とトルコへ旅行に行ったんですがね。

まぁ、寒いこと!

空港でた瞬間に気付く寒さ。

やっぱり、ヨルダンって暖かいんだなぁ。

自慢じゃないんですが、寒さには強いんです。

が、2年近い中東生活ですっかり駄目になったらしく、
ブルブル震えながら観光です。

着いて速攻で、帽子とマフラー買いました。

到着の翌日にトプカプ宮殿を観光。

名物サバサンドを食す。

ガラタ橋の袂の怪しげな船で売ってます。

さば船

船のそばのテントにいるおっちゃんから買います。

サバ船のおじさん

サバとパンてどうなん?と思っていたのですが、
普通に美味しいです。

ちなみに、サバサンドを食べてから、やたら視線を感じるなと
思い、下を見ると、

猫にモテモテ

猫にじぃっと見られてました。

こいつ、しばらく離れませんでした。

サバサンド、猫まっしぐら。


そのまま、夕方の寝台列車に乗り、カッパドキア近くの街、
カイセリへ。

行く前から、

『カッパドキアは寒いから気をつけてね』

と散々脅かされていたのですが、

いや、マジで寒い。

イスタンブールで「寒い、寒い」言ってたのが馬鹿らしく
なる寒さ。

ちなみにカイセリからバスでユルギュップに行き、そこに
3泊したんですが、

着いた日の最低気温、

-22度

さむぅっ!!

ていうか、髭凍ってる!!

というような状況下で、

正直、暖房の効いたホテルの部屋にいたいと思ったのですが、

翌朝から、

ファイヤー

気球


気球です。

ここら辺まで来ると、

「もう好きにすればいい・・・」

という境地に来ています。

ただ、上空に上がったほうが以外に風がなく、日も出てて来て
暖かかったです。

景色は、まぁ、言うまでもなく絶景ですし。

着陸後に、なぜか、シャンパンが用意され、それで乾杯する
んですが、飲まずに油断していると、

見る見る間に、

シャンパン凍ります。

カッパドキアでは、時間もないので、現地でツアーに申込み、
観光。

ツアーに入るのなんて、久しぶりだったのですが、
やっぱり、ツアーの最後には土産物屋へ行くのね。

そして、日本人グループだけ別室に通され、
日本語ペラペラの絨毯売りのお兄さんと
戦わなければいけません。

普段なら、というか、英語なんかで売り込まれても、

「いりません」

「金がありません」

とはっきり断るのですが、

いかんせん、職業柄か、

絨毯売り場のお兄さんの日本語が上手さに、
感動してしまいました。

おまけに、あとで世間話をしているときに、

「私はトルコの人にもっと日本文化のよさをしってほしいんです」

とか言われた日には、

「買いますっ!!」

とか言いそうになったのですが、

無い袖は振れません。

ごめんなさい。

「日本語なんて勉強したところで、絨毯売れねぇじゃん!」

とか思っているでしょうか。。

きっと、お金持ってる年金受給者は買うはずです。

あなたは客を間違えたんです。

まぁ、そんな葛藤と3秒ほど戦いましたよ。

話題は変わって、トルコといえば、トルコ料理です。

世界3大料理の1つとも言われるトルコ料理ですが、
一言で言いますと、

とても美味いです。

ユルギュップ滞在中は、ホテルの人におすすめのレストランを
教えてもらって行ったのですが、まぁ、美味い。

トルコ料理

何を頼んでもハズレのないレストランでした。

ユルギュップ以外でもふらっと入った店がやたらと美味かったり、
煮込み料理も外れなく美味しかったです。

羊の胃袋のスープというのが、お気に入り。

クセはあるんですが、マンサフで鍛えた舌にはむしろ、
マイルド。

長くなってきたので、続きは次回にします。

明けましておめでとうございます   

というには遅すぎるのですが、とりあえず、おめでとうございます。

光陰矢の如しとはいうものの、

年が明けて、既に1週間弱。

早すぎる。

今年は帰国の年です。

2年なんてあっという間だろうなぁとは思っていましたが、
本当にあっという間でした・・・。

まぁ、まだ半年あるんですが。

私の同僚のH先生は、私に先駆けて、あと数日で帰国されます。

ということもあって、先日も書いたように、H先生のお部屋から、
歴代日本語教師の遺産が次々と我が家に運び込まれています。

私は物欲のあまりない人間なので、部屋にも必要最低限の
ものしかなかったのですが、気付けば、

ラグジュアリー

ソファやら、カーペット、アラビーマットが運び込まれ、

放出箱

食器、調理器具、日本食などなどがダンボール箱で4箱ほど
やってきています。

任期もあと半年で、今更な気もするのですが、
なんというか、人の住む家になった気がします。

丼とか、今まで深めの平皿に盛っていたので、
丼茶碗が地味に嬉しかったりします。

ただ、一人で住むには、やはり多すぎるので、食器類とか、
放出しちゃおうかなぁ・・・。

ちょうど、今週には新隊さんが到着されることだし、
ヨルダンの物価を知る前に、高値でふっかけて、、

もとい、

必要な人に、使ってもらおうかなぁと。

ただ、同期のハイエナ、Jさんに知られると、

『新隊の前に、私たちと分けなさい!!!』

と激怒されそうなので、日本食などは身内で片すことに
なるでしょう。

まぁ、新隊さんは日本食なんて、まだ珍しくないだろうし、
同期の点数を稼ごうかなぁ。

きな粉とか、味噌とか、おそらく地味に喜ばれるはず。

今年の出来事   

皆さん、紅白、見てますか!


日本時間の何時から紅白が始まるのか、よくわかっていない
のですが、まぁ、7時くらいかなぁと。

ヨルダンは日本から7時間遅れで年こしです。

今年も、昨年に引き続き、大晦日はJICAの職員さんのお宅で、
他のボランティアと一緒に紅白鑑賞会の予定です。

そのまま、SVさんのお宅になだれ込み、朝までカードゲームを
して、初日の出を見るつもりですが、正直寝てしまいそうです。


今年も残すところ、あと12時間。

ちょっと今年を振り返ってみようかなと、自分が書いたブログを
読み返していたんですが、

「これって今年やったんやぁ」とか、

「え、これってこんな最近のことやったっけ」

という感じ。

やっぱる振り返ってみると、随分前のことような
不思議な感じがしますね。

月別に主なできごとを振り返ってみると、


☆1月
『革命』

革命

完全な巻き込まれ事故。
エジプトの革命が始まったまさにその当日、エジプトへ到着。
あのときは、まさかエジプトを逃避行することになるとは
露にも思わず。

詳しい様子はこちらでどうぞ
リンク:エジプト その2

☆2月
『初めてのペトラ』

ペトラのラクダ

正直、あまり記憶に残っていない月。
ブログで確認したところ、どうやらペトラに初めていったらしい。

写真はペトラのラクダさん。

おそらく、スピコンの準備やらで忙殺されていた模様。

☆3月
『日本語を話そう会 開始』

学習者にもっと日本語を話す場を持ってもらおう!
ということで始めた日本語を話そう会の第1回目を
行う。

いまだに細々と続けているが、今月はできず。
年が明けたら、準備しないといけないなぁ。

でもネタがあんまり思い浮かばない。

全体的にやはりあんまり記憶にない。

☆4月
『日本語弁論大会 悲喜こもごも』

当日は司会の補佐やらで、ばたばたしており、
写真が1枚も無い。

参加してくれた人は、皆、すばらしかった。

ただ、優勝、準優勝が、未成年ということで、
日本でのプログラムに参加できず。

またそのことを事前に本人達にきちんと伝えていなかった
ため、事後処理でいろんなところで謝っていた気がする。

今年はスマートに運営するぞ!

☆5月
『そうだ、アンケートをしよう!』

ヨルダンの日本語学習者のビリーフをしろう!
と思い立ち、学習者アンケートを作成。

実施し、12月現在で50名弱のデータがあるものの、
新学期が始まり、すっかり分析するのを忘れていた。

こちらも年が明けたら、分析・考察・報告ができるようにしよう。

☆6月
『私、デビューします』

空白。

全く持って何をしていたのか思い出せないが、ブログを
見たところ、ドンの個人プロジェクトに協力していた模様。

ひらがなパズル iTunes

i-phoneをお持ちの方は、フリーですので、上のリンクから、
落としてみてください。

あなたのi-phoneから私の美声が聞けます!!
(実際聞きましたが、恥ずかしくて死にそうです)

☆7月
『新年の抱負って・・・』

ヨルダンの映画館にデビューした模様。

今のところ、今年、映画館に行ったのは3回だけ。

ちなみに今年見た映画の本数は

52本

大体、1週間に1本、見ている計算。

ちなみに今年の抱負として「100本見る」と豪語していた
ものの、半分に留まっている。

新年の抱負なんて、そんなもんです。

☆8月
『エーゲ海が呼んでいる』

港のカフェ

ヨルダンでは断食月に入った8月。
ラマダンに別れを告げ、ギリシャへ逃避行。

エーゲ海に沈む夕日はきれい過ぎて、

久々に食べたとんかつは美味すぎて、

そして、昼間から堂々と飲むビールが美味すぎた1週間。

ちなみに、ギリシャ旅行に行くなら、メテオラには絶対に
行くべきですよ! 

絶景。

☆9月
『夏休みの宿題が終わらない』

なんて、教師なっちまえば、最早言うこともない。

と思っていたのに、新学期の準備やらでやっぱりドタバタ。

大学のほうの講座受講生があんまり増えないのず、
講座の1つはとりあずキャンセルした。

来学期はレベル3まできっちり全部開講できますように!!

☆10月
『き、来たぁぁ』

母がヨルダンにやってきた。

おかんと2人で旅行なんて初めてだし、ましてやヨルダンだしで、
不安要素には事欠かなかったが、楽しんでもらえたようである。

個人的には、普段泊まれないような高級ホテルに
泊まれたので、ゴージャスな気分を味わえて満足。

自分の部屋に帰ってきて、落差に凹んだ。

☆11月
『UFO』



こんなことをしていました。

☆12月
『公開講座とペイントボールと肋骨』

ペイントボール

つい最近のことなので、記憶は鮮明。

公開講座でステージに立ちましたが、
やっぱり、ステージって楽しいですね。

来学期は工学部に行ってやりたいです。

写真は、先日行ったペイントボールの集合写真。

撃ちます!

マスクを被ると、誰が誰だかわかりません。

ちなみに、ペイントボールに行く前から、肋骨を痛めており、
ペイントボールですっ転んだことにより、悪化。

これは書いている現在もまだ痛い。


いいことも悪いことも、ひっくるめて色々ありましたね。

来年は、とりあえず怪我だけはしないようにします。

あと半年で帰国なので、残りの任期をしっかりと勤めつつ、
帰国後の職探しをしたいと思います。

個人的な目標としては、ドンにコーラを止めさせることを
目標にしてがんばります!

それでは皆様、よいお年を!!

運動不足には向かない職業   
ヨルダンの山の斜面を僕は駆けた。

銃を構え、身をかがめ、前へ前へと走った。

荒い息を沈めながら、物陰から顔を出した瞬間、


目の前が、まっ黄色。


私の記念すべき、ペイントボール初オチの瞬間です。


ヨルダンのサルト市(町?)の山の中に、ペイントボールが
できる場所があります。

ペイントボールを知らないという方は、下のリンクでご確認ください。

ペイントボール wiki

サバイバルゲームとかもやっとことはないし、
エアガンとかも触ったこともないのですが、

物陰に隠れてる相手の後ろから

「フリーズ!!!」

って言いたいので参加しました。

まぁ、実際にやってみると、相手の背後に回るなんて、
大変すぎて、僕の体力ではとても無理でした。

というか、フィールドは山の斜面なのですが、
斜面登って敵の陣地を攻めるだけで

ぜーはー、ぜーはー。

動きが鈍ったところを、撃たれ、自陣まで引き返し、
また斜面を駆け上り、

ぜーはー、ぜーはー。

エアガン、思いよ!

フェイスマスク、邪魔だよ!

自分の息でゴーグルが曇り、敵と間違え、味方を
背後から撃ち、怒られました。

自陣が斜面の上に変わって、下の敵陣を攻めたときには、
敵の旗まであと10メーターというところまで、ダッシュした
んですが、足がついていかず、

斜面、ゴロゴロ~。

転んで悶絶しているところを、撃たれました。

あいつらは、血も涙もないケダモノです!!

運動不足+二日酔いの人間には向かない遊びです・・・。

でも、楽しかったのでまた行きたいです。

ただ、自分は絶対、兵士にはなれないとは思いましたね。

ついにやってしまいました。   
*本日のブログ内容にはイスラム教でハラームとされるものが
 含まれております。

 ムスリムの方は、お読みになる前にそちらをご了承ください。




警告はしましたよ!!










ではっと、

まずこちらの



Youtubeにて、音楽をポチっと再生してください。

埋め込みですので、そのまま再生します。

BGMです。


ポチっとしていただけましたでしょうか。

ポチっとしていない方、

ときには素直になることも大事ですよ。




さて、それでは。

イスラム教では、お酒と豚肉が禁止ということは有名です。

ただ、お酒と豚さんの扱いに微妙に差があるといいますか、

酒屋は結構、見かけるのですが、

豚肉屋は、ほとんど見かけません。

やはり、お酒よりも豚肉に対する抵抗感がすごいらしく、

「ねずみを食べるようなものだ!」

とか、

「YouTubeで、コーラに豚肉をつけたら虫がぞろぞろでてくる
 動画を見た!」

とか、

豚肉に対する嫌悪感たるや、すごいものがあります。

まぁ、食事に対する価値観は文化が大きく影響しますので、
別に文句はありません。

ドイツでうさぎのシチューとか聞かされたときは、

「あんな可愛い動物を!ケダモノ!」

と思ったものです。

というわけで、お酒と比べて、意外と手に入りにくい豚さん
ですが、不可能というわけでもなく、首都アンマンですと、
2,3件、買える店があるそうです。

僕は豚さんが大好きですが、無ければ無いで気にしないので、
これまで行ったことがなかったのですが、今週、同期の
ボランティアとお鍋をすることになり、その肉の調達係に
なってしまいました。

というわけで、教えられたとおりに、アンマンの7サークルから
上がり、マクドの向かいの筋を入り、ひたすら歩いていき、
右に曲がるとスーパーやら商店が並ぶ区画に辿り付きました。

きっと、この片隅のビルの3階とかでこっそり売っているに
違いない!

だって、ハラームだもんな!

と思い、注意深く歩いていると、

でかでかと大きな青い看板に

「Fresh Pork Meat」

って、

( ゚д゚)/ 隠す気ないんかいっ!!

そのあまりの潔さに、ちょっと感動。

店のおじさんもとても親切でした。

いい店だ。


というわけで、お鍋用の豚の薄切りを買ったのですが、
ついでなので自分用にも1キロほど購入。

帰り際に、スーパーで、ねぎと生姜を買って、準備万端。

とりあえず、生姜焼きですよね。


あぁ、想像するだけで胸が高鳴る!

というけで、

調理準備

調理準備完了。

あとは焼くだけです。

で、こちらが完成品。

できあがり

写真だとあまり美味しそうに見えないかもしれないのですが、

一口食べた瞬間、豚の脂が口の中に広がり、脳内に
エンドルフィン(脳内麻薬ね)が、ぶわぁっと広がります。

あぁ、そうそう!

この味!

心が!

体(舌)が!

キミ(豚)を覚えている!!


俺、

キミ(豚)が、

( 」TДT)」好きだぁぁぁぁ!











・・・ええっと、どうでしょうか。

これがやりたかっただけなんですがね・・・・。

自分で読んでみると、「心が!」のトコらへんで、ちょうど、
歌の、「心が~」に重なるんですが、ぴったりいきましたか??

読むスピードは、それぞれなので、なんとも言えませんが、
ゆっくり目に読んでいただけると、合うかと思います。

合わなかった人は、ぜひもう一度、冒頭から!!


お楽しみいただけたなら、幸いです。

こんなことやってるから、「暇なの?」って言われるんだろうなぁ。

                              
         
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。