よろしくどうぞm(_ _)m
    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロビン・フッド   
監督:リドリー・スコット
主演:ラッセル・クロウ

リドリー・スコットとラッセル・クロウのコンビもこれで5作目だそうです。

ちなみに過去の4作品は、

『グラディエーター』
『プロヴァンスの贈り物』
『アメリカンギャングスター』
『ワールド オブ ライズ』
です。

このゴールデンコンビも一時は不仲説が流れていましたが、そりゃ2000万ドルもギャラもらえれば仕事するでしょう。

さて、ゴールデンコンビ5作目はイギリスはノッティンガム、シャーウッドの森に住む義賊ロビンフッドです。

歴史物ですね。

ここで多くの人は同じことを考えると思うのですが、僕も思いました。

『グラディエーター』と被るのでは?

個人的に『グラディエーター』は大好きな映画で、DVDも持ってますし、下手したら10回くらい見ているんですが、そのせいか、『ロビンフッド』のシーンがどれも『グラディエーター』とダブる・・・・。

戦闘の前に軍隊の後ろを馬で駆けていくシーンとか、馬の下を犬が走っていたら完全に『グラディエーター』です。

というか、狙ってるとしか思えません。

さて、肝心の内容ですが、ロビンフッドといえば弓の名手なのですが、この映画ではあまり弓を撃ちません。

十字軍遠征でフランスに行っていたロビンが脱走して逃げている途中で、国王の死を伝えるメッセンジャーの暗殺に遭遇し、そのメッセンジャーに成りすまし帰国。

その後、そのメッセンジャーの故郷であるノッティンガムへ死を伝えに行くと、何故か領主の息子の身代わりになってくれと頼まれて、あれよあれという間に人気者に。

民衆の支持を得て、諸侯と一緒にイギリスに攻め込んできたにフランス軍と戦う、というのが大体のあらすじです。

ロビンフッドがロビンフッドになるまでの話という感じでしょうか。

ただですね・・・。

元軍人・・・。

軍を追われた・・・。

流れ着いた先で人望を得て戦う・・・。

設定がもろ被りな気がするんですが、気のせいでしょうか。


被ってる、被ってると言っておいてあれですが、やっぱりラッセル・クロウはこういう役が似合うというか、薄汚れた格好が以上に似合います(褒め言葉です)。

そう、僕らが見たいラッセル・クロウはこういうクロウなんです。

泥臭く、誠実で、かつ人間くさい。

そういう役のラッセル・クロウはまさに世界一かっこいいジャガイモ顔です。

「プロヴァンスの贈り物」の都会的なビジネスマンなんて、クロウには似合わない!!

ラッセル・クロウは泥まみれで泥臭く戦う男が一番似合うんです!!

『グラディエーター』のラッセル・クロウは最高に格好良かった!という方は見ても損はしないと思います。

余談ですが、『ワールドオブライズ』で見事に増量していた体を見たあとで、「ロビンフッド」に出るという記事を見たので、「このロビン・フッドは木に登れるのか?」と心配になったものですが、見事シェイプアップしてました。

そりゃ、2000万ドルもらえりゃね・・・。

よく映画の宣伝で、『○○キロ減量して挑んだっ!!』という文句を聞くんですが、よくよく考えれば、何百万ドルも金もらってるんだから、それぐらいして当然だ、とも思います。。

見事シェイプアップしたクロウですが、残念ながら木には登りませんでした。。

弓もあまり撃たず、どちらかというと剣を振り回しているシーンのほうが多く、最後は斧振り回して突入しておりました。

ロビン・フッドってこういうものなの??

『ロビン・フッド』というよりは『グラディエーター』の続編のような感覚で見るといいかもしれません。

スポンサーサイト
              
コメント

ラッセル・クロウで薄汚れた役というと、メグ・ライアンと共演したプルーフ・オブ・ライフなんかでしょうか。ああいうのもいいですよね。
『グラディエイター』は、最後に息絶えた瞬間の首筋で動脈がドクドクと脈打っているのが見えて「ラッセル元気すぎる・・・」と思ったものです。
ロビンフッドも期待していますが、どちらかというとケビンコスナーのロビンフッドの印象が強すぎて、どうもラッセル・クロウのイメージがわきません。
---------- 村上吉文 [ 編集]* URL * 11/30, 00:16 -----
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。

> ラッセル・クロウで薄汚れた役というと、メグ・ライアンと共演したプルーフ・オブ・ライフなんかでしょうか。ああいうのもいいですよね。

『プルーフオブライフ』の役どころもよかったですね!デビッド・モースも大好きなので、一挙両得な映画です。ただ、メグ・ライアンが微妙に空気を壊していたような気も・・・。

ケビン・コスナーのロビンフッドのほうが、なんというか日本人がイメージするロビンフッド映画のような気がします。

最近、007やバットマンのような「前日談」映画のヒットの影響なのか、「ラッセル」ロビンフッドは少し王道からは逸れてるかもしれませんね。
---------- アダケン [ 編集]* URL * 12/01, 03:15 -----
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://jinkechidaa.blog27.fc2.com/tb.php/88-1ec15083
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
         
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。