よろしくどうぞm(_ _)m
    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オンライン日本語セミナー   

またしてもギリシャの話は書けそうにない。

いや、まぁ、誰も待ってないのは承知してますがね。


さて、交流基金カイロオフィスの村上先生が、毎月、行って
くださっているオンライン日本語教師セミナー。

2回目のテーマが、『自律学習とCBI(内容重視教授法)』。

自律学習が何で、CBIはどういう教授法かを詳しく書くのは
やめておきます。

詳しく書くだけの知識がないですし、書いてるとキリが
なさそうなので。

自律学習とCBIはまた別物なのですが、ようは、どちらも
教師、教科書を中心に行われていた従来の教室活動に
対するアンチテーゼ、「学習者中心の教育」という観点
から出てきた学習法・教授法です。

従来は、「教師」が何をどうやって勉強するのかを
決めていたところを、

「学習者」が自分で、何をどうやって勉強するのかを
考える

ところからスタートするところが特徴的です。

日本語教育では比較的新しい教授法ではあるので、

「学習者にコースデザインができるのか。」

「全ての人にセルフマネージメント能力があるわけではない。」

などなど、考えるべきことはたくさんあるとは思いますが、
そういった点も含めて、これからいろいろ試行錯誤されて
いくんだろうな、と思います。

最終的に生き残るかどうかはわかりません。

ただ、今日のセミナーを聞いてみて、やっぱり
面白そうな教授法だなぁと思いました。

やってみたいなぁ。

9月から大学でもJAAJでも新学期が始まるわけですが、
こういうチャレンジングなことをさせてもらえるのはJAAJかな。

といっても、JAAJの普通のクラスはスケジュールかっつかつ
なので、あまり無茶なことはできないなぁ。

来期はJAAJはレベル3のクラスを担当するんですが、
ちょうど漢字の勉強がはじまるレベルです。

なので、漢字の学習だけに絞って自律学習っぽいことが
できないかなと思っています。

漢字の教科書があるんですが、それに縛られない形で
何かできないかなぁと思案中です。

漢字学習の本や、サイトはある程度知っているので、
それを紹介しつつ、自分で漢字を調べつつ勉強する
ような形がいいかなぁ。

まだちょっと時間があるので、考えてみます。

もう1つ、従来あった会話クラスを今期は休みに
しました。

新しい参加希望者がほとんどなく、同じ学習者ばかりで、
マンネリ化しつつあったというのが大きな理由なんですが、
それを自律学習の授業にできないかなぁ~

と今日のセミナーを聞いていて思いました。

会話クラスの参加者は自分で2級、1級の勉強をしている
人たちから、初級前半終わったばかりの人たちまで、
レベルがバラバラで、かつやりたいこともバラバラなので、
自律学習コースにかなり適していると思うんですよ。

ただ、問題は、

自律学習の「授業」という形式にヨルダンの学習者が
なじむかどうか、

です。

ヨルダンも詰め込み教育の学歴社会です。

なので、教えられることに慣れている学習者が多く、
授業の中で自分で考えて学習するというスタイルが
受け入れられるのか、少し不安があります。

でも面白そう。

どうしようかなぁ~。

ドン、どう思われます?
(はい、決断丸投げしましたね)
スポンサーサイト
              
コメント

ぜひやってみてください! 期待してますよ。
---------- 村上吉文 [ 編集]* URL * 09/04, 16:18 -----
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://jinkechidaa.blog27.fc2.com/tb.php/171-08be370d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
         
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。