よろしくどうぞm(_ _)m
    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
卒業式で~泣かない~とぉ~   
はい、完全に同世代を置きざりにした題名ですね。

卒業式で泣かないと冷たい人と言われるんだそうです。

でも、涙はもっと哀しい瞬間にとっておきたいってどうでもいいですね。

わかる人は、青春時代が20年ほど前だった方かと思います。


さて、昨日の夕方突然電話がかかってきまして、誰かと思えば、
先学期、Lv.1のクラスだったMさん。

「明日、僕の卒業式に招待したいんですが」

なぜに突然!?

まぁ、別に予定もなかったので、ありがたくお受けしました。

ヨルダンの高校の卒業式。。。。

まぁ、なかなか見る機会は少なそうなので、ちょっと楽しみです。

ただ、何か卒業記念ぐらいあげないと格好がつかないので、
家の中をごそごそと探していると、ちょうど親に送ってもらった
荷物の中に扇子を何本か発見。

小奇麗な箱に入っているので、ちょうどいいやと手に取ったものの、
男物が1本しかない。

何を隠そうMさんは双子なので、Mさんが卒業するということは
双子のAさんも卒業するのは間違いないので、2本いるわけです。

*扇子の数え方は「本」であっているのでしょうか。細長いから「本」
 でしょう、きっと。

うーーーん、うーーんと悩んだ結果、「うん、きっと言わなきゃわからん」
という日本語教師としてどうなのかという結論に達し、持って行くことに
しました。

高い送料を払って荷物を送ってくれた両親には非常に感謝しています。

してるんですが・・・・・・。

荷物に入っていた扇子の1本の全面に般若心経が書かれてたんですが、

僕にムスリムに喧嘩を売れということでしょうか。

とりあえず今回は書かれていない扇子にしました。

というわけで、指定されたとおりイラク大使館の前まで行き、
Mさんと待ち合わせ。

Mさん、大学卒業のときに着るようなガウンを着ております。

そこで招待状を受け取り、来場者ようの入り口から中へ。

ホールに入ると、まぁ、びっくり。

ヨルダン大学のホールなみにきれいで、広いホール。

しかし、何故かエアコンが10台も・・・・。
(1メートル間隔でエアコンが設置されてました。)

明らかに会場で唯一のアジア人だったので、後ろのほうにチョコン
と座りました。

それでは、ここからは式次第にのっとって順番にご紹介。

1.国家演奏
 まぁ、基本ですね。ただ、日本の場合、開会宣言があり、
 「国家斉唱」というアナウンスがあるんですが、こちらでは、
 ガヤガヤしているといきなり国家が流れ出し、全員慌てて
 起立。

 ジャパンフェスティバルのときに、音響のおっちゃんがこっちのGoを
 待たずにいきなり国家流し始めた理由がわかりました。
 
 そういうもんなのね。

2.コーランの朗読

3.卒業生入場
  ホールの後ろにある入り口から、男女わかれて入場。
  先頭の学生は旗を掲げながら入場。
  BGMも勇ましい感じでかっこいい!

4:祝辞
  校長先生のお話。アラビア語。よくわからない。

5.卒業生による歌
  学校の校歌だと思うのだが、やたらポップ。
  合間合間に手拍子が入る。
  さすがアラビー、乗りがいい。

6.卒業生の挨拶(アラビア語)
  2人の学生がステージにあがり、代わる代わるスピーチを
  読み上げる。日本の卒業式でいう「呼びかけ」のような
  感じ。

7.ピアノ演奏
  卒業生の1人がピアノを演奏。
  エレクトーンだったが、案の定最初は音が出ず。
  準備不足な感じがヨルダン的である。
  
  演奏した子はアンジェラ・アキに似ていたので、てっきり
  弾き語るのかと思ったが、普通に演奏するだけだった。

8.卒業生の挨拶(英語)
  6.と同じく卒業生2名が壇上へ。
  こちらは女子学生2名。
  ここらへん男女平等で素晴らしい。
  内容も英語なので大変わかりやすい。
  
  自分には全く関係ないのに雰囲気に負けて、何故かほろっとする。
  年とともに涙腺は本当に緩むらしい。

9.卒業生の思い出ビデオ
  卒業生の紹介といろいろなアクティビティの写真を紹介。
  男子はスポーツの写真が多く、女子は美術、音楽の写真
  が多かった。

10.卒業証書の授与。
   大体日本と同じ。

   感極まったお父さんが大歓声をあげ、職員さんに注意されていた。
   ここらへんも日本と同じ。

11.国家演奏
  最後も何故か国家。
  もちろん事前予告はない。
 
  空気を読めということなのだろうか。

全体的にお祭りという感じで終始にぎやかでした。

終了後、Mさん、Aさんが挨拶に来てくれたので、何も言わず、
「おめでとう」と扇子を渡す。

相変わらず、どっちがどっちか解らないので、どうしようかと思ったが、
ご両親の前で名前を間違えるのもあれなので、あえて名前には触れず。

長居をしてもしょうがないので、ご両親にご挨拶をして退散。

ダウンタウンに近かったので、ブラブラと歩いてダウンタウンに行き、
よく行くDVD屋さんでDVDを買って、そのまま近くのアブ・イーサで
コーヒーを買って飲みながらブラブラ。

帰ってきて晩御飯を作ろうとしたら、上の階の韓国人の先生から
「チヂミ作りましたから、早く来てください!」と電話をもらったので、
晩御飯をご馳走になる。

今後の進路について相談。

もうすぐヨルダンに来て、1年。

そろそろ次の身の振り先を考えないと・・・・。

スポンサーサイト
              
コメント
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://jinkechidaa.blog27.fc2.com/tb.php/135-77f96265
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
         
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。