よろしくどうぞm(_ _)m
    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インセプション   
日本が大変なときにのんきにブログなんて書くな。

と言われそうですが、いつまでもブログを書かなくても
仕方がないし、僕がブログを書かないからといって、
救助が進むわけでもないので、とりあえず再開。

不謹慎だという声が多ければ削除します。



とりあえず、映画の話でもしようかと思います。



本日見た映画

『インセプション』
監督:クリストファー・ノーラン
主演:レオナルド・ディカプリオ

他人の夢の中に入って、そこから他人の頭の中にある情報を
盗む企業スパイの話。

渡辺謙が出演しているということで、私の心配はただ1つ、

渡辺謙はきちんと扱われているのか。

バットマンビギンズでは、チベットだかどこかの怪しげなテロ集団
の親玉で、しかもあっけなく死んでしまい、

SAYURIでは何考えてるんだかよくわからない日本人役。

そう、ハリウッドでのKen Watanabeの扱いは結構ひどい。

今回、渡辺謙がキャスティングされた段階からかなり心配して
いたんですが、結果からいいますと、割ときちんと扱われてました。

一安心。

ただ、英語の演技が上手くない気がするのは私だけ?

あれは演出なのでしょうか。

ときどき妙な目配せ演技をするのが気になったんですが・・・。

きっと演出でしょう。

映画自体はというと、映像が全て!という感じの映画です。

もちろん、細部の設定はきちんと作りこまれていて、夢に入ったら
なんでもありというわけでもなく、誰でも彼でも夢の中に入れるという
わけでもないようです。

エレン・ペイジがトレーニングを受けて夢の世界に慣れていく仮定は
まんまマトリックスですが・・・、こちらは企業スパイという設定
なので、マトリックス+泥棒映画という感じでしょうか。

夢の中では現実よりも時間がゆっくりと流れるという設定を生かした
ラストの攻防は必見ですが、夢の第1層で車が橋から落ち始めてから、
結構時間がたっても、まだ車が空中を落ちているのはいかがなもんか
と思いますよ。

何より・・・、レオ様は夢の世界から戻ってこれたんでしょうか。

やるとは予想してましたが、そこぼかす!?という感じは否めない。

スポンサーサイト
              
コメント
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://jinkechidaa.blog27.fc2.com/tb.php/123-22b05769
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
         
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。