よろしくどうぞm(_ _)m
    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年の出来事   

皆さん、紅白、見てますか!


日本時間の何時から紅白が始まるのか、よくわかっていない
のですが、まぁ、7時くらいかなぁと。

ヨルダンは日本から7時間遅れで年こしです。

今年も、昨年に引き続き、大晦日はJICAの職員さんのお宅で、
他のボランティアと一緒に紅白鑑賞会の予定です。

そのまま、SVさんのお宅になだれ込み、朝までカードゲームを
して、初日の出を見るつもりですが、正直寝てしまいそうです。


今年も残すところ、あと12時間。

ちょっと今年を振り返ってみようかなと、自分が書いたブログを
読み返していたんですが、

「これって今年やったんやぁ」とか、

「え、これってこんな最近のことやったっけ」

という感じ。

やっぱる振り返ってみると、随分前のことような
不思議な感じがしますね。

月別に主なできごとを振り返ってみると、


☆1月
『革命』

革命

完全な巻き込まれ事故。
エジプトの革命が始まったまさにその当日、エジプトへ到着。
あのときは、まさかエジプトを逃避行することになるとは
露にも思わず。

詳しい様子はこちらでどうぞ
リンク:エジプト その2

☆2月
『初めてのペトラ』

ペトラのラクダ

正直、あまり記憶に残っていない月。
ブログで確認したところ、どうやらペトラに初めていったらしい。

写真はペトラのラクダさん。

おそらく、スピコンの準備やらで忙殺されていた模様。

☆3月
『日本語を話そう会 開始』

学習者にもっと日本語を話す場を持ってもらおう!
ということで始めた日本語を話そう会の第1回目を
行う。

いまだに細々と続けているが、今月はできず。
年が明けたら、準備しないといけないなぁ。

でもネタがあんまり思い浮かばない。

全体的にやはりあんまり記憶にない。

☆4月
『日本語弁論大会 悲喜こもごも』

当日は司会の補佐やらで、ばたばたしており、
写真が1枚も無い。

参加してくれた人は、皆、すばらしかった。

ただ、優勝、準優勝が、未成年ということで、
日本でのプログラムに参加できず。

またそのことを事前に本人達にきちんと伝えていなかった
ため、事後処理でいろんなところで謝っていた気がする。

今年はスマートに運営するぞ!

☆5月
『そうだ、アンケートをしよう!』

ヨルダンの日本語学習者のビリーフをしろう!
と思い立ち、学習者アンケートを作成。

実施し、12月現在で50名弱のデータがあるものの、
新学期が始まり、すっかり分析するのを忘れていた。

こちらも年が明けたら、分析・考察・報告ができるようにしよう。

☆6月
『私、デビューします』

空白。

全く持って何をしていたのか思い出せないが、ブログを
見たところ、ドンの個人プロジェクトに協力していた模様。

ひらがなパズル iTunes

i-phoneをお持ちの方は、フリーですので、上のリンクから、
落としてみてください。

あなたのi-phoneから私の美声が聞けます!!
(実際聞きましたが、恥ずかしくて死にそうです)

☆7月
『新年の抱負って・・・』

ヨルダンの映画館にデビューした模様。

今のところ、今年、映画館に行ったのは3回だけ。

ちなみに今年見た映画の本数は

52本

大体、1週間に1本、見ている計算。

ちなみに今年の抱負として「100本見る」と豪語していた
ものの、半分に留まっている。

新年の抱負なんて、そんなもんです。

☆8月
『エーゲ海が呼んでいる』

港のカフェ

ヨルダンでは断食月に入った8月。
ラマダンに別れを告げ、ギリシャへ逃避行。

エーゲ海に沈む夕日はきれい過ぎて、

久々に食べたとんかつは美味すぎて、

そして、昼間から堂々と飲むビールが美味すぎた1週間。

ちなみに、ギリシャ旅行に行くなら、メテオラには絶対に
行くべきですよ! 

絶景。

☆9月
『夏休みの宿題が終わらない』

なんて、教師なっちまえば、最早言うこともない。

と思っていたのに、新学期の準備やらでやっぱりドタバタ。

大学のほうの講座受講生があんまり増えないのず、
講座の1つはとりあずキャンセルした。

来学期はレベル3まできっちり全部開講できますように!!

☆10月
『き、来たぁぁ』

母がヨルダンにやってきた。

おかんと2人で旅行なんて初めてだし、ましてやヨルダンだしで、
不安要素には事欠かなかったが、楽しんでもらえたようである。

個人的には、普段泊まれないような高級ホテルに
泊まれたので、ゴージャスな気分を味わえて満足。

自分の部屋に帰ってきて、落差に凹んだ。

☆11月
『UFO』



こんなことをしていました。

☆12月
『公開講座とペイントボールと肋骨』

ペイントボール

つい最近のことなので、記憶は鮮明。

公開講座でステージに立ちましたが、
やっぱり、ステージって楽しいですね。

来学期は工学部に行ってやりたいです。

写真は、先日行ったペイントボールの集合写真。

撃ちます!

マスクを被ると、誰が誰だかわかりません。

ちなみに、ペイントボールに行く前から、肋骨を痛めており、
ペイントボールですっ転んだことにより、悪化。

これは書いている現在もまだ痛い。


いいことも悪いことも、ひっくるめて色々ありましたね。

来年は、とりあえず怪我だけはしないようにします。

あと半年で帰国なので、残りの任期をしっかりと勤めつつ、
帰国後の職探しをしたいと思います。

個人的な目標としては、ドンにコーラを止めさせることを
目標にしてがんばります!

それでは皆様、よいお年を!!

スポンサーサイト
運動不足には向かない職業   
ヨルダンの山の斜面を僕は駆けた。

銃を構え、身をかがめ、前へ前へと走った。

荒い息を沈めながら、物陰から顔を出した瞬間、


目の前が、まっ黄色。


私の記念すべき、ペイントボール初オチの瞬間です。


ヨルダンのサルト市(町?)の山の中に、ペイントボールが
できる場所があります。

ペイントボールを知らないという方は、下のリンクでご確認ください。

ペイントボール wiki

サバイバルゲームとかもやっとことはないし、
エアガンとかも触ったこともないのですが、

物陰に隠れてる相手の後ろから

「フリーズ!!!」

って言いたいので参加しました。

まぁ、実際にやってみると、相手の背後に回るなんて、
大変すぎて、僕の体力ではとても無理でした。

というか、フィールドは山の斜面なのですが、
斜面登って敵の陣地を攻めるだけで

ぜーはー、ぜーはー。

動きが鈍ったところを、撃たれ、自陣まで引き返し、
また斜面を駆け上り、

ぜーはー、ぜーはー。

エアガン、思いよ!

フェイスマスク、邪魔だよ!

自分の息でゴーグルが曇り、敵と間違え、味方を
背後から撃ち、怒られました。

自陣が斜面の上に変わって、下の敵陣を攻めたときには、
敵の旗まであと10メーターというところまで、ダッシュした
んですが、足がついていかず、

斜面、ゴロゴロ~。

転んで悶絶しているところを、撃たれました。

あいつらは、血も涙もないケダモノです!!

運動不足+二日酔いの人間には向かない遊びです・・・。

でも、楽しかったのでまた行きたいです。

ただ、自分は絶対、兵士にはなれないとは思いましたね。

ついにやってしまいました。   
*本日のブログ内容にはイスラム教でハラームとされるものが
 含まれております。

 ムスリムの方は、お読みになる前にそちらをご了承ください。




警告はしましたよ!!










ではっと、

まずこちらの



Youtubeにて、音楽をポチっと再生してください。

埋め込みですので、そのまま再生します。

BGMです。


ポチっとしていただけましたでしょうか。

ポチっとしていない方、

ときには素直になることも大事ですよ。




さて、それでは。

イスラム教では、お酒と豚肉が禁止ということは有名です。

ただ、お酒と豚さんの扱いに微妙に差があるといいますか、

酒屋は結構、見かけるのですが、

豚肉屋は、ほとんど見かけません。

やはり、お酒よりも豚肉に対する抵抗感がすごいらしく、

「ねずみを食べるようなものだ!」

とか、

「YouTubeで、コーラに豚肉をつけたら虫がぞろぞろでてくる
 動画を見た!」

とか、

豚肉に対する嫌悪感たるや、すごいものがあります。

まぁ、食事に対する価値観は文化が大きく影響しますので、
別に文句はありません。

ドイツでうさぎのシチューとか聞かされたときは、

「あんな可愛い動物を!ケダモノ!」

と思ったものです。

というわけで、お酒と比べて、意外と手に入りにくい豚さん
ですが、不可能というわけでもなく、首都アンマンですと、
2,3件、買える店があるそうです。

僕は豚さんが大好きですが、無ければ無いで気にしないので、
これまで行ったことがなかったのですが、今週、同期の
ボランティアとお鍋をすることになり、その肉の調達係に
なってしまいました。

というわけで、教えられたとおりに、アンマンの7サークルから
上がり、マクドの向かいの筋を入り、ひたすら歩いていき、
右に曲がるとスーパーやら商店が並ぶ区画に辿り付きました。

きっと、この片隅のビルの3階とかでこっそり売っているに
違いない!

だって、ハラームだもんな!

と思い、注意深く歩いていると、

でかでかと大きな青い看板に

「Fresh Pork Meat」

って、

( ゚д゚)/ 隠す気ないんかいっ!!

そのあまりの潔さに、ちょっと感動。

店のおじさんもとても親切でした。

いい店だ。


というわけで、お鍋用の豚の薄切りを買ったのですが、
ついでなので自分用にも1キロほど購入。

帰り際に、スーパーで、ねぎと生姜を買って、準備万端。

とりあえず、生姜焼きですよね。


あぁ、想像するだけで胸が高鳴る!

というけで、

調理準備

調理準備完了。

あとは焼くだけです。

で、こちらが完成品。

できあがり

写真だとあまり美味しそうに見えないかもしれないのですが、

一口食べた瞬間、豚の脂が口の中に広がり、脳内に
エンドルフィン(脳内麻薬ね)が、ぶわぁっと広がります。

あぁ、そうそう!

この味!

心が!

体(舌)が!

キミ(豚)を覚えている!!


俺、

キミ(豚)が、

( 」TДT)」好きだぁぁぁぁ!











・・・ええっと、どうでしょうか。

これがやりたかっただけなんですがね・・・・。

自分で読んでみると、「心が!」のトコらへんで、ちょうど、
歌の、「心が~」に重なるんですが、ぴったりいきましたか??

読むスピードは、それぞれなので、なんとも言えませんが、
ゆっくり目に読んでいただけると、合うかと思います。

合わなかった人は、ぜひもう一度、冒頭から!!


お楽しみいただけたなら、幸いです。

こんなことやってるから、「暇なの?」って言われるんだろうなぁ。

長靴をはいた猫   

『長靴をはいた猫』
主演(声アントニオ・バンデラス)

長靴をはいた猫

『シュレック』シリーズに登場する人気キャラクター、
長靴をはいた猫、ことプスのスピンオフ映画。

正直に告白しますが、

シュレック見たことがありません。

まぁ、有名な映画なのでキャラタクターやら、声優やらは
知っているんですが、どういうキャラかまでは、正直???

まぁ、声がアントニオ・バンデラスってことは、

伊達男系の3枚目であろうことは確実でしょう。

まぁ、果たしてその通りで、映画の頭から、他のお家の猫と
ワンナイトラブです。

さすが、種馬、バンデラス。

「キミのことは忘れないよ」と言いつつ、

窓から逃げていきます

ラテン系って皆こんな人なんでしょうか。

ステレオタイプだなぁ~と思いつつも、

私の知っているラテン系は大概こんな人です。

草食系男子のたわ言は、ほうっておきまして、映画の話。

ジャックと豆の木の話をベースに、巨人の家にいる、
金の卵を産む雌鳥を探しにいく、というのが序盤の山。

幼馴染で、喧嘩別れをした玉子、ハンプティ・アレキサンダー・
ダンプティや、峯不二子的なメスネコ(名前忘れた!)と一緒に
大冒険をするわけです。

ただ、どうにも画面が面白くなく、セリフ回しも冴えているとは
言えず、不完全燃焼な印象です。

最近見た3Dアニメでは、「タンタン」のアクションとカメラワークが
抜群に面白かったので、どうしてもそれと比べてしまいました。

おとぎ話の登場人物を毒っ気たっぷりに描くところが「シュレック」
の笑いの大半だと思うので(見てないので予想ですが)、今回も
そのパターンできているとは思うのですが、イマイチ笑えません。

魔法の豆を探して、金の卵を産む雌鳥を手に入れるという大筋に、
プスとハンプティの確執を絡めるのが蛇足です。

しかし、それがないと完全に子供向けのアニメ映画ですし、大人の
鑑賞には堪えられないでしょうが、その話を入れたところで、所謂
子供だまし観は否めません。

『ファイトクラブ』のパロディーを入れてみたところでやっぱり駄目。
(面白かったけど)

アニメを大人向けにするのであれば、話の整合性や
細部の作りこみを怠っちゃ駄目ですね。

というわけで、映画の内容自体に期待して見ることは
お勧めしません。

どちらかと言えば、主人公の猫の可愛さを中心に見るほうが
いいかと思います。

僕、犬派なんですが、猫も可愛いですねぇ~。

猫好きが見ればきっと見ているだけで楽しいんでしょう。

ただ、猫が嫌いな人は全く楽しめません。

最近のあれこれ   
えぇ、まぁ、タイトルは手抜きですね。

ブログを書こうと思っているうちにネタが溜まり、
どれから書いていいかわからず放置している内に
また溜まるという悪循環を繰り返しております。

さて、先輩日本語教師隊員のH先生が1月頭に帰国される
ということで、H先生のお家にあった歴代日本語教師の方の
遺産が続々と我が家へ来ております。

主に、棚とか、本棚とか、ソファとか、

虎とひこにゃん
とかです

よく見ると、

とらひこアップ

ひこにゃんが犠牲になっています。

コラテラルダメージです。

最初、H先生に見せられたときは、

「うわっ、いらねぇ~」

と思ったのですが、

あればあったで、

虎と私

意外と落ち着くものです。

いまでは、家族です。


また、先日、バラカモールに映画を見にいったときに、面白い
ものを発見しました。

表紙
こちらです。

アラビア語だけで何がなんだか私もよくわからないのですが、
中を開けると、

中身
こんな感じ。

これでも何がなんだかわからない人が大多数かと思いますが、

これは、「アブ・マフジューブ」というヨルダンの新聞の風刺画
のキャラクターです。

今年の4月に行われた日本語弁論大会のプレゼン部門で、
Lさんという学習者が紹介してくれたキャラクターです。

こちらはそのプレゼンの様子。


ハンザラと合わせて、お土産(自分用)に何か買って帰ろうと
思っていたので、マグカップと合わせて買いました。

我ながら、いい買い物です。


さてさて、打って変わって仕事のお話。

私の配属先であるヨルダン大学は、来年の9月に創立50周年
を迎えるそうで、盛大にイベントが行われるようです。

そして、そのお鉢は当然、外国語学部にも回ってきて、

「日本語コースも何かイベントをしてください」

という御願いを受けたのが今年の6月。

まだ1年以上も先のことで、おまけにそのころには、
私もH先生もすでに帰国しているということで、とりあえず、
映画上映だけの簡単なプロポーサルを提出していたですが、
先週になって、

「やっぱり、50周年だから、派手にしてくれないかな」

という、天の声が聞こえてしまいました。

というわけで、天の声と話し合う内、あれよあれよという間に

映画上映 

 +

「日本語学習者と日本人ボランティアによる歌」

「日本武道のパフォーマンス」

「すし」

という、感じになってしまいました。

断っておきますが、

私は何度も、

「そのときに自分はいないから、大きいことはできない」

と何度も言いました。

しかし、向うも、

「何とかなる」

の一点張り。

ならないよっ!

んーーー、どうしようかな・・・。

私の後任の方が6月末に来て、1ヶ月語学訓練して、
赴任するのが8月頭。

イベントが10月頭。

もし、自分だったら、完全にキレますね。

というわけで、

「歌」は土壇場でナシにするとして、

「武道演武」はヨルダンの柔道、合気道連盟なんかに
御願いして、連絡を取り合えばなんとかなるように
しておきます。

無理だったら無理で、これも省略。

「すし」も手巻き寿司セットはあるし、、海苔と海老もこちらで
調達できるので、準備は可能。

映画もこちらで準備しておいて、再生するだけにしておきます。

あとは日本人のお手伝いさんを募集しておくぐらいしか、
できないのですが、幸い、私の帰国後も残っている方で、
協力してくださりそうな方が何人かいますので、そちらにも
段取りを伝えておくしかないですね。

私の後任のN先生、

もしこのブログをご覧になってらしたら、

すみませんm(_ _)m

覚悟してきてください(^^;)

日本語公開講座   

鉄は熱いうちに打て。

ネタはその日の内にブログに書け。


というわけで、本日、ヨルダン大学で日本語の公開講座を
行いました。

大学の日本語コースの受講生を増やすことが目的です。

ひらがなと、簡単な挨拶表現、自己紹介の仕方などを
1時間ほどで紹介して、後半は浴衣の試着と書道の
ブースを置いて、文化紹介(客寄せ)を行いました。

公開講座ということで、人はあまり集まらないだろうなぁとは
思っていたのですが、案の定満席とまではなりませんでした。

それでも、まぁ、半分以上は埋まってたでしょうか。

まぁ、まずまずなのではないかと思います。

こんな感じです。
客入り

今回はドンと一緒に公開講座を担当させていただいたんですが、
とても楽しかったです。

ドンがいらっしゃるので、私はもう好き勝手、日本語で話させて
もらいました。

さすが、中東のキャシャーン改め、中東のサボテン。

私の中途半端な日本語の説明を完璧にアラビア語に
してくださってました。

ドン、お疲れ様でした。

ヨルダン日本語教育のスターであるドンは、講座後も
たくさんの学生に囲まれて質問攻めにされてましたね。

僕なんて、誰からも声かけられませんでしたが・・・・。

いいんです。

すれ違いざまに、

「コンニチハ」

と言われるだけで僕は満足です!

また、去年のジャパンフェスティバルに続き、多くの
JI○A関係者の方にお手伝いしていただきました。

浴衣、書道のブースのお手伝いをしていただいた皆様、
ありがとうございました。

浴衣の着せ方も解らず、字も下手な私は、皆様の
ご協力なしには、とても文化紹介はできません。

浴衣撮影中

今年は浴衣の着たあとで、こちらで写真をとり、その場で
ポストカードサイズでプリントアウトして渡すことにしましたが、
やっぱり大好評でした。

僕もほしかったのですが、

「プリント用の紙とインクがもったいねぇ!」

とH先生に速攻で却下されました。

ちなみに写真撮影担当はH先生。

ご自慢の一眼レフを有効活用していただきました。

書道実演中

こちらは書道の様子です。

「日本語であなたの名前書きます」

というだけのブースなのですが、

会場のある建物のメインエントランスに陣取っていることも
あって、ぞろぞろと人が集まってきていました。

しかし、書道を担当していただいた皆さんはどなたも達筆。

日本人って皆、こんな字が上手なのでしょうか。

違うと思いたい。

また、オーガナイズも完璧にしてくださり、

僕は何も御願いしなくても、カタカナで名前を書く担当と、
漢字の当て字で書く担当を分け、効率よく作業してくださって
いました。

確かに効率的なので次回以降はこのやり方がいいですね。

ただ、漢字で書く担当の方は、電子辞書とにらめっこしながら、
必死にいい漢字を探しておられましたが・・・。

今度から、代表的なアラブ人の名前の漢字はこちらで
考えておいたほうがいいかもしれないですね。


そんなこんなで、公開講座1日目は無事終了。

明日は映画上映会ですので、まぁ、気楽かなぁと
安心しております。

しかし、そういうときこそトラブルが起こるのが世の常なので、
とりあえず明日まで気は引き締めておこうかなぁと思いつつ、
家にある美味しそうなな飲み物に手が伸びるのは止められ
そうにありません。

50/50   
50/50

主演 ジョゼフ・ゴードン・レヴィット

ジョゼフ・ゴードン・レヴィットは
窪塚洋介に似ている。

とても似ている。

いつか日本のCMで、

「わが城です」

とか言ってくれるかもしれない。

それぐらい似ている。

そのジョゼフ・ゴードン・レヴィット(長い名前だなぁ)が
生存率50%の癌患者を演じる映画「50/50」は
とても面白い。

よく映画の批評で「笑って泣いて」なんて
言われるが、本当に笑って泣ける。

お涙頂戴にもならず、かといって病気を茶化した笑いにも
走らない。

脚本家の実体験を基にしているらしいが、
案外、現実はこういうものなのかもしれない
と思える笑いと涙がある。

映画が映画であることを忘れずに、とても
リアルな質感を伴って映画は進んでいく。

主人公(省略しました)はあまり感情を表に出さない。

車が1台も通らなくても信号が変わるのを律儀に待っている、
そういうタイプ。

病気が発覚しても、彼女が浮気をしても、
なかなか爆発しない。

なので、そんな主人公がついに爆発する瞬間
は来るとわかっていても意外なほどに胸を打つ。

一方、セス・ローゲン演じる主人公の親友は、正に真逆。

いい加減で行き当たりばったり。

主人公の病気を使ってナンパしたり、やりたい放題だが、
ただの賑やかし役かと思っていると、終盤に意外な一面を見せる。

そこら辺の出し引きが本当に上手い映画だと思う。

個人的に主人公の年齢が自分の年齢にとても近かったり、
主人公といい感じになるセラピストが駆け出しで、
自分の状況に近かったりで、個人的に共感できる点が
多かったのもあるが、誰が見ても充分面白い映画だと思う。

惜しむらくは、英語版で細かい会話内容が解らなかったこと。

日本に帰ったら、絶対、日本語字幕版を見たい。

ポール・ジアマッティの「サイドウェイ」が
好きな人は絶対に気に入ると思う。

年末年始、時間があったら、ぜひ映画館でどうぞ!

1800円以上の価値はあると思いますよ!!

うーーん、大殺○?   

毎年、同じようなことを書いていますが、12月といえば、
師走ですね。

師走の「師」って「師匠」じゃなくて、「お坊さん(僧侶)」
らしいですね。

どうやら、今月は厄年ならぬ、厄月のようです。

12月1日に鍵を無くして大騒ぎしたとブログに書きましたが、

その後、

日曜にトイレが壊れ、浴室水浸しになり、

いつやったのか皆目検討もつきませんが、
肋骨を痛めたらしく、くしゃみをしたり、大きく深呼吸
すると左胸が痛み、

おまけに大学に印刷を頼んだイベントポスターは
イベントを来週に控え、ようやく昨日できあがる始末。

今日は、同僚のH先生が、

「昨日、JAAJの授業に行ったら、学生が1人しか来なかったんです。
きっと、今日は誰も来ませんよ・・・・アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノアッヒャッヒャ!」

呪いの言葉を残して去って行きました。

ちゃんと4人来ましたけどね・・・・。

でも、4人・・・。

もう来週のイベントが不安で不安で仕方ありません。

あぁ、早く年明けてほしい・・・。


というわけで(?)、来週の月曜日と火曜日に、ヨルダン大学で
日本語教育のイベントをします。

毎年やっていたジャパンフェスティバルの簡易版として、
「日本語公開講座」を行います。

こちらポスター
公開講座ポスター

とりあえず、これを終わらせれば今年は何もない!

あとは紅白を見るだけ!!

反省はしています   
とても楽しい日というのは、大概、一日の終わりが楽しかった日
である。

一日の終わりがとても楽しいときというのは、大抵、その前に
相当悪いことがあったときである。

昨日は朝からせわしない一日でした。

昨日の予定としては

09:00 健康診断のため、朝から病院
14:00 JI○Aの安全講習会
17:00 講習会を途中で抜け、JAAJで授業、
18:30 大使公邸でのボランティア慰労会に参加。

普通の社会人にとっては、かなり楽な日程です

一日予定びっしりとか嫌いなんです・・・。

まぁ、それだけなら、別にいいんですが、
昨日はハプニングがありまして・・・・。

ハプニングというか、

100%自己責任なのですが・・・

健康診断が早く終わり、他のボランティアの人達と
昼ごはんを食べたあとのことです。

ポケットが妙にスカスカなことに気がつきました。

いつもは家の鍵が入っているので、異物感があるのですが、
それがない・・・・。

まさか!?と思い、探してみるも鍵がどこにもありません。

昼飯を食べたレストランかと思い、戻るも見つからず。

JI○A事務所、病院に行くときにのったJI○Aの車の中も
探しましたがありません。

いよいよ、やばいです。

家の鍵だけでなく、JI○Aのボランティア宿泊所の鍵、
大学の日本語オフィスの鍵、JAAJの教室と、
事務所の鍵など、もろもろ全部がくっついている
ので、全部なくなると、一大事です。

ボランティア宿泊所の鍵は、自費で取り替えて、
ボランティア全員分のリペアを作成、配布しなければ
いけないし、

大学、JAAJの鍵も当然取替えないといけません。

何より、

家に入れない!!

うわぁ~、うわぁ~、

やべーやべー

刻々と迫る、安全対策会議の時間をよそに、
JI○A事務所の方、他のボランティアを巻き込んで
大騒ぎ。

すみません、すみません!!

健康診断で行った病院かもしれないと行って
みるも、やはりありません。

終わった・・・・。

行きのタクシーの中だ・・・。

沈鬱とした気持ちで、安全講習会に参加するも、
心ここにあらず・・・。

とりあえず今日泊まるところ探さなきゃなぁ・・・。

まぁ、Mさん家(大学から近いSVの方)に厄介になるかぁ・・。

と思っていると、Mさんがマスクを着けて講習会会場に。

Mさん:「昨日から風邪引いちゃって・・・。ゴホッゴホッ」

「泊めて」とか言えねぇ・・・。

ボランティア宿泊所に泊まるか・・・。

講習会が始まるものの、やはり家のことが気になります。

今、出れば、大学寮の管理事務所が開いてるから、
マスターキーで開けてもらえる・・・。

とりあえず、着替えと貴重品だけ持ち出して、JAAJの
授業に間に合うだけの時間はあります。

意を決して、JI○A事務所の人に事情を話し、講習会を
途中で抜け、家へ帰りました。

帰り際、事情を知っている同期隊員が、

「意外と、玄関のドアに挿しっぱなしかもよ~」

と慰めてくれるも耳に入らず。

大学の寮に辿りつくも、この日は木曜。

週末前で事務所がすでに閉まってました。


終わった・・・。何もかも・・・。


そのとき、

「意外と、玄関のドアに挿しっぱなしかもよ~」

という同期隊員の言葉が頭をかすめ、

ないとは思いつつも、階段をのぼり、自室の
前にいくと、

玄関の鍵穴にぶら下がっているではないですかっ!!

*・゜ヽ(T∀T)人(T∀T )ノ・゜゚・*

神はいるっ!!

って思いましたねっ、強くっ!!

もうその後の、授業、大使公邸のレセプションの
楽しいこと、楽しいこと!

何をされても許せましたね!!

何もされてませんけど!!

おまけに大使公邸のお食事がまた・・・・。

海老の天ぷら



豚の角煮

大好物です!!

あぁ、きっと、あれだ。

鍵の件は、神様か、ご先祖様が、この喜びを
噛み締めさせるためにしたことなんだ・・・・。

きっとそうだ・・・・。

ただ、同期隊員からは、

「携帯とか、鍵とか、なんで学ばないの・・・。」

「どっか抜けてるよね・・・」

と、かなり辛辣なコメントいただきました・・・・。

お騒がせしました m(_ _)m

明日はて形   

11月ももう終わりです。

明日はもう12月・・・。

はやっ・・・。

12月の半ばの公開授業が終わったら、
もうあっという間に新年です。

はやい・・・・。

まぁ、僕が愚痴ろうが、時間は待ってはくれませんが。

というわけで、明日は12月1日。

JICAの健康診断と安全講習会があるため、大学の
授業は休講にしました。

まぁ、大学のほうは早すぎるくらいなので、ちょうどいい
のですが、夕方のJAAJのクラスはカツカツなので、
講習会を早めに抜けさせてもらって授業に行きます。

で、明日のJAAJの授業は

「て形」

日本語の初級文法で、一番最初につまづきやすいと
言われる文法です。

いままで、

「なんだ、日本語の動詞ってちょろいな」

と思っている学習者に、

日本語の動詞って3種類に別けられてね、

当然、種類ごとに活用が違うときがあるんだっ


って、思い知らせてやるわけです!

2グループと3グループは簡単なので
別に問題ないんですが、

1グループです。

割と覚える種類が多いので、大変なのです。

なので、大抵の日本語教師はここで何をするかというと、

歌うのです!

て形の歌を!


ただまぁ、僕、この歌嫌いでして・・・。

なんで?と言われるとですね・・・・。

なんというか・・・。

まぁ・・・。

かっこ悪いんです・・・。

とはいっても、他にインパクトのある導入も思い浮かばず、

同僚のH先生からは

「いやぁ~、あの歌は効果抜群ですよ~」

と言われ、

仕方がない・・・。

というわけで、困ったときのYouTube!!

「て形 日本語」

で検索すると山のように出てくるので、
興味のある方はどうぞ。

で、『サンタが街にやってくる』にのせて歌っているのが
あったので、それでいくことにしました。

カラオケバージョン



プラス

パワポ
て形

で、

歌うわけです。

チャンチャン♪チャンチャン♪チャンチャ~~ン♪チャンチャ~~ン

いちりってぇ~♪

みびにんでぇ~♪

し、して♪
き、いて♪
ぎ、いで♪

します、して♪
きます、きて♪
いきま~~す、いってぇ~~~♪

今年のクリスマスシーズンはこれで決まりです!

・・・、ただなぁ、ここ、ムスリムの国なんだよなぁ・・・。

でも、この前、モールにサンタいたしなぁ・・・。

セーフだ!!

と思う!!

                              
         
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。