よろしくどうぞm(_ _)m
    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
卒業式で~泣かない~と~ その2   
い卒業式で泣かないと、冷たい人って言われるらしいですよ。

まぁ、そんな使い古したネタは置いておいて、
話は2週間前にさかのぼります。

いつものように大学のオフィスでカタカタお仕事をしていると、
学習者Fさん(通称:大使)がやってきました。

大学は夏期講座の開始まで休みなので、なんで大学に
来てるんだろうと思ったら、卒業の手続きのために大学に
来ていたそうです。

おお、卒業ですか~

で、そこで、「卒業式に来ますか」と聞かれちゃったので、

「行きませんっ(^ー^)」

とはとても言えないので、行くことにしました。

日本ではあまりないんですが、海外の卒業式と言えば、あれですよ。

ハリー・ポッターが着ているようなケープ(ガウン?)。

出席するなら、教師も着なければいけないということで、
急遽、学科のオフィスにお願いして、借りました。

で、迎えて今日。

どうせ、ぼへっと行って座ってるだけだろうなぁ~

と思いながら、学科の秘書さんに指定された場所へ行くと、

わらわらと教授やら、講師やらがいるではないですか。

何事ですかっ!?

と思いつつ眺めていると、係りの人らしいおじさんに連れていかれ、

気づけば・・・。

前にならえ
何故か2列で前にならえ状態。

で、そのまま、

行進
行進

終点
その行列がどこへ行くかというと・・・、

スタジアム
スタジアム

今、スタジアムはわれんばかりの大歓声につつまれております!!

という、NHKのアナウンサーの声が聞こえてくるような満員状態。

おまけにアラブ特有というか、勇ましい感じのBGMがガンガン
かかっています。

で、スタジアムについてどうするかというと、

待機
テニスコートでしばし待機。

写真に写っている人たちは全員、ホグワーツの、もとい、ヨルダン大学の
外国語学部の先生です。

こんなにいたんだ~という感じです。

写真右側の列の中央付近に前アジア言語学科長の先生が
いらっしゃいますが、一体、何人が気づくだろう、という感じですね。

先生、名は体をあらわす的な、飄々とした先生で、今日も、
行進終わって、今からスタジアム入るという段階でひょっこり登場。

後ろのほうにいた僕が気づいて、

「あっ、先生、こんにちは」

と、挨拶すると、

「いやぁ~久しぶり~困っていることとかない?大丈夫?」

と言いながら、

さらっと僕の横にやってきて、そのままさらっと前方の英語学科の先生方に合流されました。

出た、ブラック、通称クロ

あ、いや悪い人とかではなく、笑顔の裏で抜け目ない、
好々爺的な人物であります。

むしろ見習いたい。

で、そうこうしているうちに、

入場行進!

日本だと、入場行進って、卒業生がするもんじゃなかったっけなぁ~。

覚えてないなぁ~。

そんなことを考えているうちに、勇ましいBGMの音量がさらに増し、
行進スタート。

BGMだけなら、卒業式というよりも、「走れメロス」で、メロスが
処刑場に走りこんできた瞬間ぐらいドラマチック。

しかし・・・、観客、卒業生、全員そろった最後に教師陣入場て、ねぇ。

大歓声ですよ。

なんか照れる。

いや、誰もお前は見てないよ!

ということは百も承知なんですがね。

なんか、気恥ずかしい。

で、スタジアムを半周ほど歩いて、どこに座るのかというと、

対面
観客席のまん前

対面ですか!?

卒業生、脇に座らせて、私ら対面ですか!?

っちゅう話です。

誰が主役なのかよくわからない。

式自体は通り一辺倒で、国歌、コーラン、挨拶、証書の授与、国歌

ハラスです。

学生代表の挨拶がないのが以外でした。

ありそうなもんなのに・・・。

で、どうやって式が終わるかというと、

またあのBGMがかかり、

教師退場。

教師に続いて、学生退場。

なんというか、学生よりも教師が目立つ式って
どうなんでしょう。

まぁ、伝統だからね。そういうもんなんでしょう。

僕としては楽しかったから、来学期も行きたいです。

あのケープがいいですね。

ハリー・ポッター気分で。

スタジアムの外でFさんと記念撮影し、
そのまま帰宅。

今日はそのまま韓国の先生のお家でご飯をいただく。

知り合いから大量ににらをもらったらしく、

にら尽くし。

おまけに、にんにくの漬物まででてきて、気づけば、
にんにく1個分くらい食べていた。

明日、JICAのドミのそうじなんだよなぁ~。

息くさかったらごめんなさい。

スポンサーサイト
Limitless   
昔、日本語教師の教育実習でお世話になった先生が言って
おられたんですが、

「人間の脳は一度見聞きしたことは絶対忘れない。思い出すタグ付けが
 されていないだけで、タグ付けさえきちんとすれば絶対に思いだせる。」

そうです。

文法やら新出項目を入れるときは、学習者にとって感情を伴った1つの
経験になるような導入をしよう!

という件だったような違ったような。

記憶に残るようなインパクトのある導入。

歌って踊ってみるか・・・。

ちなみに、その先生はサジェストペディアがご専門で、
ロザノフの講義ノートをどさっと渡さ、もとい頂いたので、
実習中寝る間をおしんで読んだのですが、

ガテバ(ロザノフの助手)によると、

「サジェストペディアにおける教師と学習者との間の愛は、
 例えるなら、ライオンと調教師の間の愛です。」

だそうです。

一晩考えてみましたが、よくわかりませんでした。

さて、長い長い前フリでしたが、今日は映画の話です。

『Limitless』
主演:ブラッドリー・クーパー(Bradley Cooper)

作家志望のうだつのあがらない駄目男エディ(ブラッドリー・クーパー)。
彼女にも振られ、自暴自棄で街をふらついていると、偶然、元妻の兄に
出くわす。

落ちぶれたエディを見た、元義理の兄が手渡した1つの錠剤。
それは、飲むことで人間の潜在能力を目覚めさせる夢の薬だった。

ようは、この薬の設定だけで話を転がしていく、ワンアイデアムービー
なんですが、上映時間が90分弱と短いのに加えて、2点3点と話の
方向が変るので、あきずに見ていられます。

ちなみに、その薬は、飲むと、

「普段20%しか、使っていない脳を100%使えるようになる」

という、

北斗神拳もびっくりの薬です。

なので、薬を飲んでいるときは、昔、ちらっとでも見た、聞いたことの
ある情報が全て思い出すことができ、そく使いこなせるようになります。

*ここで、上の前フリ、「人間の脳は一度見聞きしたことは忘れない。
 思い出せないだけ」につながります。

でまぁ、当然のごとく、映画の前半は、薬を飲んだ主人公の
大活躍が描かれるわけで、後半になると確実に薬の副作用
が出るんだろうな、と思っていたんですが、

この映画のすごいところは、「副作用なんぼのもんじゃい!」
という後半の展開。

さすが、薬大国アメリカ。

『ビタミンが足りない!?サプリメント飲めばいいじゃん!』

的な発想で、薬を飲むことへの拒否反応が薄いというか、
なんというか。

そもそもの生活を変えようという発想がない。

今、薬を飲んで、幸せである

なので、その幸せを継続するためには、薬を飲み続けよう。

という対処療法。

根本的な問題解決にはなってない・・・・。

ただ、かといって不快な気分になるかというと、そうでもないのは、
ブラッドリー・クーパーのかるーい感じの男前キャラが出ている
からでしょうか。

この主人公、一言で言って浅薄。

で、その中身のなさそうなキャラにクーパーが上手いこと
はまってます。

なので、余計に、この軽薄男が最後にしっぺ返しをくらって
改心するのかと思いきや・・・。

勧善懲悪ではないので、そういう展開を期待すると、
ちょっと楽しめないかもしれません。

でも普通におもしろい。

1800円払って見る価値は・・・ないかな。

ちなみにこの映画、最大の謎は、

なぜ、デニーロが出ているのか、という1点につきます。

送別会と放出大会と試飲   
今日はちょーーとハラームな内容がありますんで、
ムスリムの方は、ご了承の上、お読みください。


昨日、17日に21年度1次隊の送別会がありました。

21年度1次隊、というのは、平成21年の6月に派遣された
ボランティアのことです。

ようは、2年の任期を終えて帰国されるボランティアの方です。

ちなみに、年に4回程度ボランティアが赴任してきます。

でまぁ、送別会、歓迎会も年に4回行われるわけです。

今回は、JICAヨルダン事務所、所長のお宅で行われました。

送別会

こんな感じですね。

バンドあり、

涙あり、

の一大イベントです。

ちなみに、送別会は基本的に持ち寄り形式なので、
日ごろ粗末なものしか食べていない私にとっては、

栄養補給の場でもあります。

しかも、昨日はなんと、

豚の角煮!!

大好物です!!

ベスト2です。
(ちなみに1位は豚シャブです)

幸せってこういうことをいうんだろうなっ

と思いながら、

司会進行を完全に無視しながら、

角煮を食べ続けました。

で、その全体の送別会が終わった後、

M隊員の放出会+お別れマルカ会に直行。

!ちなみに

マルカ会とは
アンマン市の東にあるマルカという地区にいる隊員主催の
食事会である。

放出会とは
帰国する隊員がいらない、処分する物品を残っている隊員が
奪いあう大会である。

放出会の様子はまたあとでご紹介いたしますが、
今回の放出で、

ワンピースのDVD一式
バリカン
ポロシャツ
パーカー
ビーサン
カレー粉(日本の)
シチューの缶詰

などをゲットいたしました。

ハイエナの群がる放出会を終えると、マルカ会の始まりです。

今回は、「餃子パーティー」。

へぇ~餃子の皮とかあるんだ~とか思われた方。

ありませんよ。

ですので、

手作りです。

皮

作った皮に、皆で具を詰めます。

包み

出来上がり

で、当然ですが、

焼きます。

焼き

いやぁ~~うまかったぁ~。

久しぶりに餃子食べたぁ~。

王将の餃子食べたいなぁ~。

天一行きたいなぁ~。

という気持ちがふつふつと湧き上がってまいりました。

そんなこんなで、深夜3時、4時ごろまでグダグダと話続け、

寝ようと思ったら、

アザーンが聞こえてきました。

寝れない・・・。

明けて本日、朝から昨日の残りのシュワルマを食し、

そのまま、アンマン市内に戻り、帰国されるI隊員のお宅へ。

またしても放出大会。

ただし、今回は女性隊員なので、私はただぼーっと見ているだけです。

では、放出大会がどのように行われるのかを、ご覧ください。

チェック

まず、放出品をチェックし、自分は何を狙うのか!を決めます。

そして、

じゃんけん

じゃんけんで順番を決めます。

あとは、勝った人から順にほしいものを取っていきます。

ちなみに、同期のE隊員は、放出品を狙い、それで生活しており、
放出大会となると必ず出席しているため、

「人間掃除機」と言われております。

で、その放出大会が終わったあとに、ワディ・サクラに移動。

ワディ・サクラにあるワインメーカーの本社にて、
ワインのテイスティングをさせてもらう。

テイスティングというとかなり聞こえはいいですが、

ようは、

ただで酒を飲むということですね、僕の場合。

実は、昨日の昼の送別会、夜のマルカ会と飲み続けで、
そのまま、真昼間からワインの試飲て・・・。

たまには・・・いいかなと・・・。

そのワインメーカーですが、「St.George」というヨルダンワインを
製造しているメーカーで、直営店のみで販売している
メーカーズチョイスも試飲できます。

ワインの味がわかるほど、舌は肥えてないんですが、
美味い・・・気がします。

ちなみに、こんな場所で試飲できます。

試飲

というわけで、直営店のみ販売のメーカーズセレクションを購入し、
帰宅。

帰りのタクシーに乗った瞬間、運転手さんに、エアコン全開にされ、
消臭スプレーまかれました。

ごめんなさい。

酒臭かったですね。

ほんと、すみません。
アンケート項目はちゃんと埋めよう!   

今日、タクシーに乗ったら、ドライバーに、

『ウズベキスタン人?』

って聞かれました。

うーーん、マレーシア、インドネシアはよくあるんですが、
ウズベクは初めてでしたね。


JAAJの学習者アンケートをしに、毎日、JAAJに通っています。

ちょっとめんどくさい・・・。

まぁ、しょうがないですね。

質問項目が多いだけに、記入漏れもまた多い・・・。

記入漏れがあると、1人分のデータが亡くなってしまうので、
アンケートを回収するときは、ちゃんと書いてあるかを
確認するんですが・・・、

すでに2人ほど記入漏れが・・・。

Da●n it!!
*怒るジャック・バウアーをご想像ください。

記入漏れはいいんですが・・・、

上達させたいスキルを1から順に書いてくださいってところで、
全部1にするかい・・・。

気持ちはわかりますが・・・。

レコーディング   

突然ですが・・・、

レコーディング

CDデビューします。

タイトルは『恋の日本語 愛うえお!』です。

応援してくださいっ!!



・・・・・・・・・・・・・・、


嘘です




タイトルのセンスが昭和だとか、そういう荒らし行為はやめてください。


でまぁ、何をしているのかというと、

ドン・Tの極秘プロジェクトのお手伝いです。

ここで、ぜひ詳細を明らかにしたいのですが、
ドンに口止めされているので言えません。

ファミリーの結束は何よりも固いのです。

僕の口から言えるのは・・・、

カンニング

アクセント辞典をカンニングしながら、レコーディングしているという
ことだけです。

あと、i-phoneをお持ちの方は近い将来、私の声が
聞けるかもしれません。

だめだ!これ以上言うと、ドンに・・・。

でも、関西圏出身としては、アクセントって難しいんですよね・・・。

アクセント辞典を見ても、上がってんのか、下がってんのか、
いまいちわからなない・・・。

音痴なだけなんですが・・・。

アンケート調査をしてみよう!!   
ビリーフ調査の質問紙を作りました。

いろんな論文の調査項目を見て、

あっちから10、

こっちから10、

というふうに質問項目を寄せ集め、とりあえず日本語版を作成。

自分でアラビア語の書類を書いている多くのボランティアに対して
多少罪悪感を感じるものの、ヨルダン日本語教育のドン、T先生
にお願いして、アラビア語訳をしていただく。

ヨルダンオリジナル項目として、E-ラーニング関係の項目を追加。

この前、質問項目50は多いよなぁ~と書いたのですが、
最終的な質問項目の数は・・・。

59!

あれ、増えてる

んーーどうしようかなぁ~と思ったものの、

とりあえずやっちまえ。

ということで、もろもろ微調整して日本語・アラビア語両方の
質問紙完成。

で、昨日、学習者1名にご協力いただき、テストラン。

特にわかりにくい項目はないようだったので(T先生の翻訳のおかげ)、
今度はクラス単位で行ってみようかと思います。

早くしないと、H先生のクラスが終わってまう!
という時間的な都合もありますが・・・。

ちなみに、アンケートは「1 強く反対」から「5 強く賛成」までの
5段階で回答してもらうんですが、

こういう調査は意外と国民性が出るもので、
日本人にすると、

「3 どちらとも言えない」が増える、

と言われます。

1とか5という極端な答えをさけたがるんでしょうか。

わからんでもないです。

なので、僕自身が協力するときは、

極端に1と5を付けて調査結果を混乱させます。

数字の差が出やすいように協力していると本人的には
思っているんですが・・・、こういうときは素直に答えたほうが
いいんでしょうね。。。

で、昨日、テストランで協力してもらった回答結果を
今日、打ち込んでいたんですが、

割とはっきり1か5を付けていますね。

「ヨルダン人は1か5が増えると思います」という
T先生の予想的中でしょうか。

皆こうだとありがたいなぁ~。

アジャストメント   
『アジャストメント (原題:Adjustment bureau)』
主演:マット・デイモン




*ねたバレします。未見の方はご了承の上お読みください。




「ブレードランナー」のフィリップ・K・ディックが脚本を書いた
SF映画。

日本版のトライラーを見てから見たんですが・・・、
トレイラーを見ずに行かれることをおすすめします。

予告CMを見てしまってもおそらく駄目です。

がっかりします。

大体予告のあおり方が、「ボーンシリーズのマット・デイモン」
と言ってしまっているので、誰でもアクションを期待するじゃない
ですか!!

おまけに、ストーリーも、「人々の知らないところで、人の運命を調整する
機関が存在する」なんて、『マイノリティ・リポート』的な設定をするもん
だから余計にアクション満載で、運命に立ち向かうマット・デイモンを
期待するわけですよ。

が!!

そんなこたぁありません。

マット・デイモンは終始、機関に翻弄され、エージェントに
『君達二人が結ばれるとお互いのためにならない』と
あっさり懐柔されます。

いやいや、疑おうよ!!

そこは熱く立ち上がろうよ!映画なんだから!!

なぜマット・デイモンは闘わないのか。

根本的な原因は運命を翻弄する謎の機関の立ち位置が
微妙なせいだと思います。

人々の運命を影で操る機関「アジャストメントビューロ」が、
完全に悪役になり切らないところが最大の問題。

この組織が、悪者だったなら話は簡単です。

やっつければいいんだから。

でも、そうでもない。

出てくる機関のメンバーは1人を除いてどこかユーモラスで、
その内の一人は、主人公に協力的。

んーーーー、煮え切らん!!

ラストもラストで、主人公は結局何もせず、チェアマンが
運命を書き換えておしまい。

不完全燃焼。

そんな感じの映画です。

金曜と言えば・・・   
アブダリのスークです。

はぁ!?

アブダリ?

スーク??

という方は、

私の過去ログをご覧ください。

↓別窓で開きます。
Quatsch!Quatsch! 『値切ってみました』

というわけで、ようは古着を中心に扱う市場です。
(一言で説明できるんじゃねぇかと思われた方、正解です。)

毎週金曜にアブダリで開かれています。

こういう市場は活気があって結構好きです。

なので、

何も予定がない!

というときは朝からブラブラと出かけていきます。

大学前からバスで一本なので。

でも今日に限って何故かアブダリ行きが中々来ないので、仕方なく、
途中のダハリーエまで言って、そっからセルビス(乗り合いタクシー)
で市場へ。

バス1本なら、0.35JD(45円くらい)なのに・・、

0.7JD(90円くらい)も払ってしまった。

アブダリスークで何を買うのかと言うと、

変なT-シャツです。

日本にいるときも、割とヘンテコなT-シャツを買って一人
喜ぶという趣味を持っていたんですが、

ここのアブダリスークはそんな人には天国です。

売られている商品は基本的にヨーロッパや、アメリカからの払い下げ、
というか、誰かが寄付で出した衣服なので、イベント用に作ったT-シャツ
とか、誰が切るんだこれ?というようなT-シャツがゴロゴロしております。

で、最近よく見かけるのが、

海外のお酒のメーカーT-シャツ

ムスリムの国でよくもまぁ、こんな堂々と・・・。

と思うくらいゴロゴロあります。

corona、paulaner、heinekenなどのビールメーカをはじめ、

Jack Daniels

Jaeger Meister

なんかのT-シャツは結構見ます。

で、そんななかで、本日見かけて即買ったのが、

ギネス 緑
ギネス!!

ギネスビール、大好きです!!

なんだ、茶色いのじゃないのか・・・と思ったそこのギネスファンの方、

ギネス 茶
ちゃんと持ってます。

茶色いほうもアブダリで買いました。

ただ、サイズが海外のLなので、ちょっと大きいんですよね・・・。

でも、部屋着として着ております。

もちろん、日本へ持って帰ります。

ちなみに上の緑のギネTはぴったりサイズです。

しかし、本日の掘り出し物別にあります。

それはこちら!

アムステル
アムステルのT-シャツ

は!?

アムステル!?

と思われた方、

裏をご覧頂くとわかるかと思います。

アムステル裏


はい、ここヨルダンでよく売られているビールで、
名前の通りオランダメーカーです。

ヨルダンで日本人が集まってお酒を飲むときは必ずあります。

いや~いい買い物いしたわ~。

今度、Mさん宅で集まるときは絶対着ていこう!!


では、今日買ったT-シャツあと2枚をさらっとご紹介。

アイロンマン

アメコミシリーズより アイアンマン

これはもうあれです。

Ironmanがアイロン持ってるところがもう駄目。

買わずにはおれません。

CSI t

海外ドラマシリーズより CSI:ラスベガス

「CSI」はパーカーもアブダリで見つけて買いました。

パーカーはやっぱりLサイズで大きかったんですが、
これはジャストフィット。

でもなぜか、CSI:NYのシャツは見かけない・・・。

同様にNCISも見かけない・・・。

いやぁ~、やっぱりいいですね~アブダリ・・・。


そんなこんなで計4枚購入。

4枚もT-シャツ買うなよ!と思われるかもしれませんが、
一枚1JD(130円)です。

4枚買っても、4JD(520円)という「しまむら」もびっくりのお値段。

おまけに、ヨルダンだと、新品を新品価格で買っても、
何故か一度着たらボタン、ファスナーが取れるという
マジックが起こるので、中古のほうが安くてものが良かったり
するんですよ・・・。

さらにアブダリの市場には靴なんかも売ってるので、
スニーカーほしいなぁ~とブラブラ見ていると
良さそうなスニーカーを発見。

履いてみるとサイズもばっちり。

買いたいけど・・・靴の相場いまいちわからん。

というわけで、まず店のにいちゃんに値段を聞くと、

店の兄ちゃん:14JD(1800円くらい)

たかっ!!

こういうときは、「高いよ~」と言って一旦店から出ましょう。

そして、まわりにある他の靴屋さんに行きます。

そこでは店員に直接値段は聞かず、現地のヨルダン人が値段を聞くの
をこっそりと横で聞きます。

リサーチの結果、台の上に山積みになっている靴で、
大体8JD(1000円)前後が相場のようです。

もちろん、そこから皆値切ってますが・・・。

そこまで調べた後、もう一度さっきの店に戻ります。

今度はさっきの兄ちゃんではなく、ちょっと年配のおっちゃんに
値段を聞きます。

おっちゃん:12JD(1500円くらい)だね。

やっぱり、ぼってやがりましたね。あの野郎。

安くなったからと言って、安心してはいけません。

12JDもおそらく外国人価格です。

目指すは8です。

が、ほしい靴は平積みではなく、有名メーカー(のばったもん)です。

10を目指しましょう。

というわけで、

私:8なら買う。

おっちゃん:駄目駄目、12。

私:なんで?

おっちゃん:これはまだ状態もいいでしょ。

私:んーーーー。 じゃあ10。

おっちゃん:だめだめ。

私:おねがいおねがいおねがいおねがい。
*このとき、仏壇を拝むように両手を合わせるのが ポイントです。

おっちゃん:・・・・・、じゃあ10でいいよ。

おそらく、頑張れば7とかになるんじゃないかと思いますが、
さすがにみっともないので、止めましょう。

というか、ヨルダン人が聞いたら、最初から7とか8と
言うかもしれないんですが・・・。

それはそれ、言葉ができないこっちが悪いので仕方ない。

最初から4JD(500円くらい)安くなったんで、まぁいいかなと・・・。

                              
         
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。