よろしくどうぞm(_ _)m
    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いかん   
先日、T先生と話しているときに、映画の話になり、

T先生が、「『Rango』という映画がおもしろうそうです」
と言われたのですが、

『Rango』って何だ?

と思ってしまいました。

いかん。

いかんです。

日本にいるころはしっかり、新作映画情報はキャッチして
いたんですが、最近とーーんとチェックしなくなってしまい
ました。

日本にいるころは週1回、最低でも2周に1回は映画館に行くことを
己に課していたんですが、ヨルダンに来て、はや9ヶ月。

一度も行ってない・・・。

行くチャンスはあったんですけどね・・・。

逃してしまっています。

とりあえず、いる間に1回は行きたいなと・・・。

できれば、シティモールとバラカモールのシアターの違いについて
語れる男になりたいなと・・・。

ん!?、映画館があるのはメッカモールだったかな!?

いかんっ!!

無料で映画を見るためだけに映画館でバイトをしていたぐらい
映画館が好きだったのに・・・。

バイトしていたころは一日3本はしごして頭痛になるくらい映画を
見てたのに・・・。

余談ですが、ミニシアターが続々とつぶれているそうです。

京都在住の皆さん、京都シネマへ行きましょう!

ちなみに僕がバイトしてたのは、Mo○ix京都ですが。

でも、Tohoシネマズのほうが上映作品が僕好みでした・・・。

まぁ、そんなことはおいといて、映画好きを自称するものとして、
最新作品を知らないなど許されません。

というわけで、トレイラーサイトを早速チェック。

一応、現在上映中、上映予定の新作のトレイラーをチェック
したんですが・・・。

『X-men』、『サルの惑星』の前日談やら、

人気映画の続編、

アメコミの映画化、

低予算コメディ

お約束のスピルバーグ映画、

うーーーーーーーーーーーん、似たり寄ったり。

というわけで、今回チェックしたトレイラーの中で「見たい!」
もしくは、「まぁ、見てもいいかな」と思えたものをご紹介。

全部アメリカ映画ですが、それはご了承ください。

1.Cowboys & Aliens

「えっ、それ!?」という声が聞こえてきそうですが、
なんというか、これぞアメリカ映画という豪快さ。

西部劇+SF+エイリアン

製作陣は

『ワイルド・ワイルド・ウエスト』と『インディベンデンス・デイ』
を足して2で割ったらおもしろいだろ!!

というアメリカンな発想で作ったに違いない。

そういうところが好き。

主演:ダニエル・クレイグ
監督:”アイアンマンを監督してよかったね”ジョン・ファブロー

製作総指揮にロン・ハワード、スティーブン・スピルバーグが
入っていて無駄に豪華。

「製作総指揮」って一体何する人なんだろう?

トレイラーリンク
http://www.youtube.com/watch?v=Az3z1Ih6VSI&feature=channel_video_title

Youtubeでリンクを探していたら、こんなモノも見つけました。

『Alien vs Ninja』
http://www.youtube.com/watch?v=7M_QC2fatXQ

がんばれ、日本。

2.Another Earth

突如として出現した地球そっくりのもう1つの地球「アース2」。
そこには自分と同じもう一人の自分が存在している。

主人公は取り返しのつかない過去を償うため、もう1つの地球へ
行くことを試みる。

上の『Cowboys & Aliens』がSFアクションなら、こちらはSFドラマ。

雰囲気としては『ガタカ』+『サイン』。

大人向けSF。

T先生、一緒に見にいきませんか!


トレイラーリンク
http://www.youtube.com/watch?v=vJoXfTxOEuw

3:X-men: First Class

実はこれが一番見たい。

エグゼビアがプロフェッサーXになる前、X-Men創設期を
描いた前日談。

ミスティーク、マグニートが人間に絶望する前のお話なので、
当然、映画のラストでエグゼビアと喧嘩することはわかっている
わけですが、だから何?

だって見たいんだもの。

主演:ジェームズ・マカヴォイ
   (ナルニア1のサテュロスのタムナスさん)
監督:マシュー・ヴォーン(『キックアス』、『スナッチ』)
脚本:ブライアン・ジンガー

重要箇所なので繰り返します。

脚本:ブライアン・ジンガー

帰ってきてくれてありがとう。

ちゃんと製作のところにもクレジットされてます。

ブライアン・ジンガーが製作総指揮を勤めたX-MEN1、2は、
CGアクションもさることながら、『人種差別』や、『優生思想』
などのテーマがしっかり描かれていて、単なるアメコミの映画化
に留まらない良作だったのですが、3で製作から外れてしまい、
ペラッペラのX-MEN3が出来上がってしまいました。

そんなわけで、ブライアン・ジンガーが帰ってきた、
『X-MEN:The First Class』は
ドラマとしても見せてくれるんじゃないかと期待大!

トレイラーリンク
http://www.youtube.com/watch?v=oFFfJZuw8tI&feature=channel_video_title

長々と書いてしまい、すみません。

ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。
スポンサーサイト
レベル1をめぐるあれこれ   
現在、JAAJでは会話クラスとレベル1を担当させて
もらっています。

レベル1はゼロ初級のクラスなので、大変なところもあるんですが、
僕は好きです。

毎週浮き浮きしながらJAAJに通っております。

上のクラスになればなるほど、事前の文法の予習が
大変になっていくと思うのですが、初級の授業は、
どちらかというと、どうやって言葉を使わずにわかって
もらうかをうーん、うーーん、と考えます。

それが楽しいんですが。

そんな楽しいレベル1ですが、困っちゃうこともあります。


困っちゃうな その1 人気がある名前も考えもの

ヨルダンに限らず、イスラム圏では「ムハンマド」という
名前はとても人気があります。

なんといっても偉大な預言者の名前ですから。

そうはいってもですね。

同じクラスに3人、ムハンマドさんがいると
それはそれで大変なわけで。

苗字で呼べばいいのかもしれないんですが、
こちらの方の苗字は難しい・・・。

覚えきれん・・・。

おまけにムハンマドさんとムハンマドさんは同じ会社で働く
同僚で、友達なので、いつも並んで座ります。

3人目のムハンマドさんも、そのムハンマドさんsと仲良しに
なっており、3人が並んで座るわけです。

そうなると、ムハンマドさんのスリーカードが完成するわけで、
そこにアハマドさんが2人並んで座ろうものなら、

フルハウスができるわけです。
(実際アハマドさんも3人います。)


で、授業中にムハンマドさんを当てようとして、名前を言うんですが、
そうなると、いっせいに3つの頭があがります。

もちろん、手で指示しながら当てるんですが、なんせ3人横並び。

いまいち誰を指しているのかわかりにくい・・・。

それで、今日思い切って、

「当てにくいんで、ニックネームとかない?」

と聞いてみました。

すると、同じ会社で働くムハンマドさんとムハンマドさんが

「ありますよ」

「うちの会社でも同じ問題があるので」

そういうことは早く言ってよ

預言者の名前だから気をつかったのに・・・

というわけで、同じ会社ではたらくモハンマドさんと
モハンマドさんはフセインさんとアブーさんで呼ぶこと
になりました。

解決


困っちゃうな その2 そんなに難しい?

さきほど、言葉を使わずに教えるのが難しいと
書いたのですが、レベル1のクラスは基本の基本。

学習内容自体が難しいということはありません。

ただ、1名ほど、いつもすごく難しい、困った顔をしながら
こっちを見る人がいらっしゃいまして・・・・。

新しい文法を導入するたびに、険しいというか、
「この人は何を言っているんだ」という顔をされます。

ただ、毎回そうなので、おそらく真剣になるとそういった
表情になってしまう人のようです。

で、今日も導入をしたあと、

ちらっと見てみると、案の定、苦虫を噛み潰して、
臼きり歯でギリギリしているような顔をしています。

思わず笑ってしまいました。

すみません。

「すみません、いつもすごく不安そうな顔してるんですが、
 難しいですか」

思い切って聞いてみました。

「えっ、いや、真剣に聞いているだけです」

「あ、うん、だと思いました。あのぅ、できれば僕と目があったら、
 スマイルで、お願いします。」

場を和ます冗談込みで、強制スマイル作戦発動!


15分後


また導入項目を入れて、そちらをちらっとみると、


また苦虫が噛み潰されていました。


強制スマイル作戦、効果なし。


未解決

スピーチコンテストは終わった。   
さて、昨日に引き続き、スピーチコンテストの上位入賞者をご紹介
していきたいと思います。

どうでもいいことですが、今日、カツ丼を作ろうと思い、
炊飯器を開けると、数日前に炊いた米が残っていて、
しっかりカビが生えておりました。

こんなに湿気のない国でカビ・・・。

ご飯にカビ生やしたのなんて始めてだ・・・。

もったいない・・・。

忙しかったということで、勘弁してください。


といわけで(?)

スピーチコンテスト、スピーチ入賞者のご紹介です。

前回に引き続き、国際交流基金カイロオフィスの
Ustreamの録画のリンクを勝手に張らせていただき、
スピーチの様子を紹介したいと思います。



それでは、

第3位 ヤザンさん

タイトルは『日本人とガッツ』

http://www.ustream.tv/recorded/14061049/highlight/165597

今回の地震で被災した方にもぜひ聞いたいただきたい
スピーチです。

内容的に今、このスピーチをしていいのか、本人は
かなり悩んでいたようですが、「今だから」こそ
やってよかったんじゃないかと思います。


2位!

ダダダダダダダダダ(ドラムロール)

ダンッ!!

モハンマドさん

タイトルは『頭の上』

http://www.ustream.tv/recorded/14061049/highlight/165603

下馬評No1でした。

練習量、日本語力ともに参加者の中ではトップだったと思います。

まじめで熱心。

直前のリハーサルを見ても、「優勝確実かな」と思っていました。

ただ、くじ運がなかったですね。

ちなみに、彼のちょっとオーバーなジャスチャーは、
翌日の会話クラスで『ヨルダンのカッ○ーフィー』と
クラスメイトから言われておりました。

ザンガ ザンガ

不謹慎ですね、はい、すみません。


それでは、1位の発表です。

下馬評1位を押さえ、見事1位に輝いたのは・・、

ダダダダダダダダダだダダダダダダダダダだダダダダダダダダダ

ダダンッ!!

ムーサさん!!

タイトルは『ジェスチャー』

http://www.ustream.tv/recorded/14061049/highlight/165610


予想外です・・・。

まさかまさかです。

一時は「やっぱり難しいからやめる」とまで言い出し、
コンテスト2週間前にようやく原稿が完成。

練習時間が少なかったにも関わらず、15歳、中学生の吸収力。

ネイティブチェックではまともに原稿も読めてなかったのに!

翌週の練習ではすっかりまともなスピーチに変身!

耳がいいのか、私が練習用に録音した音声にかなり近い
レベルになってます。

『どんな意味なんでしょうか~』の部分はクイズ番組の司会か?
と思わせる自然さです。

なにより、ムーサさんらしい、溌剌とした雰囲気が好印象だった
ようです。

おめでとうございます。

来年はMCですね。


以上、上位入賞者のみですが、簡単にご紹介しました。

リンク先のJFCairoのサイトでは最初から最後まで
スピーチコンテストを見ることもできますので、お時間が
あればぜひごらんください。

表彰式で「じゃなくて!」と慌てる私の声も入っているようです。

なんで慌てたかは、見てのお楽しみということで・・・。

それでは、また来年、15回ヨルダン日本語弁論大会で
お会いしましょう!!

スピコンが終わりましたが・・・。   
前回のブログでスピコンの日にちを書かないという、
見てもらう気があるのかという大失態をやらかしました。

ごめんなさい。


スピーチコンテストは、さる4月16日、無事に終了いたしました。

*厳密に言うと無事ではないのですが・・・。
 愚痴になるのでやめます。

コンテスト参加者のみなさん、お疲れ様でした。


僕は司会の補助ということで、ステージの後ろで背後霊のように
たっていました。

できることと言えば、僕の前を通って、ステージに行く、
出場者に

『がんばって~』と声をかけるのみ。


さて、『お前がちゃんと教えへんから、スピコン見られんかった
やないか!』とお怒りの皆さん!

ご安心ください。

交流基金カイロオフィスのUstreamは録画されております。

ですので、ここで、リンクを勝手張らせていただきます。

まずかったら、きっとお叱りのメールが来るでしょう!

来たら消します。


では、プレゼン部門 第3位 ダラルさんのプレゼンから。

名前は「リナさん」になっているんですが、
「ダラル」さんの誤植です。

タイトルは『ビジャイアへようこそ』。

http://www.ustream.tv/recorded/14061049/highlight/165591

なんでアングルがパパラッチ的なのかといいますと、
当日は二台のカメラでUstreamを配信していただき、
T先生のカメラでロングショット、村上先生のカメラで
近いところから撮ってもらったからです。

すみません、ご容赦ください。

ダラルさんのスピーチはリラクゼーション効果があると
評判です。

日本語の発音も、スピーチ部門の参加者と同じかそれ以上に
きれいでよかったです。

続いて、プレゼン部門2位 リーナさん

タイトルは『ヨルダンの有名なキャラクター』

どうやら、僕が会話クラスで行った「ひこにゃん」プレゼン
に着想を得てくれたようです。

ひこにゃん、ヨルダンで地味に大活躍です。

http://www.ustream.tv/recorded/14061049/highlight/165593

2ヶ月以上前から事前準備をしっかりしてくれました。

来年はスピーチ部門に出たいとのこと、ぜひぜひがんばって
ほしいです。

来年のスピコンはまだヨルダンにいるので、ぜひリーナさんの
スピーチが聞きたいですね。


プレゼン部門第1位 ラミースさん

タイトルは『ただしいアラビア語を知っていますか』

ちなみに2位のリーナさんのお姉さんです。

http://www.ustream.tv/recorded/14061049/highlight/165595

日本語の発音もきれいですが、会場の観客とのインタラクティブ、
最後の日本国旗とアラブ書道を組み合わせた作品といい、
アイデアが素晴らしかったです。

こちらも来年のスピーチ部門の優勝候補でしょう。


ちょっと長くなってきたので、スピーチ部門はまた明日書きます。

リンク先のサイトにはスピーチ部門を録画もありますので、
気になる方は事前にチェックしてみてください!!

スピーチコンテストまであと2日   
ヨルダン日本語教育界での最大イベント!!

そう、スピーチコンテストです。

とはいっても、他の中東諸国のスピーチコンテスト
と比べると、多少規模は小さくなるのですが、
少数精鋭で行きたいなと思います。

今年のスピーチコンテストはなんと、Ustreamで
ライブ中継もされるそうなので、日本にいながら、
ヨルダンのスピーチコンテストが見られます!

日本との時差がただ今-6時間なので、
お昼の4時くらいに国際交流基金カイロオフィスの
Ustreamを見ていただけると、ヨルダンのスピーチ
コンテストが見れてしまいます。

昨年までは、俳句の部とスピーチの部があったのですが、

俳句の部は、俳句以外は英語とアラビア語の説明のみだった
ので、「もっと日本語を使ってもらおう」という趣旨のもと、
今年からプレゼンテーション部門に変更させてもらいました。

プレゼン部門は、PPT、写真、小道具なんでもありで、
とりあえず4分、日本語で1つのテーマについて話して
もらいます。

メインテーマは『日本人に伝えたいヨルダン』

それでは今年のラインナップを見ていきましょう!

①『ヨルダンの料理』
②『ビジャイアにようこそ』
③『ヨルダンのキャラクター』
④『洞窟の若者』
⑤『アラビア語を知っていますか』
⑥『イード』
⑦『伝統的なヨルダンの結婚式』
⑧『私たちの王様』

内容はあまり話せないのですが、いくつかピックアップして
ご紹介。

タイトルのインパクトだけなら、④『洞窟の若者』がぐんを
抜いております。

最初のタイトルは『洞窟』だったので、なんかのホラーかと
思ったものですが・・・。

内容は至ってまじめなお話です。

②については、「日本人に伝えたいヨルダン」というメインテーマを
真っ向から無視。

アルジェリアの話です。

いいですね、この縛られない感じが!

ちなみにこれもかなりユニークなので、一見の価値はありです。

日本語オフィスでは、このプレゼンにはリラクゼーション効果が
あるという噂で持ちきりです。

癒されたい方はぜひどうぞ。

他にもヨルダン、アラブの知られざる一面が目白おし。

内容だけなら、スピーチ部門より面白いかも!?というもの
ばかりなので、ぜひぜひご覧ください。



それでは、続いてスピーチ部門のラインナップを見てみましょう!

今年のエントリーは10人。

①『神様の贈り物』
②『ジェスチャー』
③『忘れられない瞬間』
④『私の学生達と日本語』
⑤『私の大好きな日本』
⑥『日本人とガッツ』
⑦『私の目で見たヨルダンとヨルダン人』
⑧『日本語を教えた経験』
⑨『頭の上』
⑩『私の日本語学習の経験』

ちなみにスピーチ部門はこちらからあらかじめ4つほどテーマを
出してあります。

①『忘れられない瞬間』
②『もし私が○○だったら』
③『ヨルダン人/日本人のここが変だ』
④『自由テーマ』

上のラインナップを見ていただけるとわかると思いますが、

ほぼ全員④・・・。


(/_\)


ごめんよ、わかりにくいテーマ設定しちゃって・・・。

来年以降の課題としたいと思います。

会話クラスを担当している関係で、スピーチ部門の出場者の
練習を見ることが多かったのですが、それだけにこの部門は
見ているこっちがはらはらしてしまいそうです。

早くから原稿を仕上げて万全の体制を整えている人。

原稿完成したのが2日前の人。

直前で辞退しようとしたものの、猛練習で上達した人。

なんというかタイムリーな人。

さまざまですが、全員一生懸命練習していたので、
とりあえず、成功してほしいです。

正直な話、スピーチ部門の出場者でも、多くは初級の前半が終わった
ばかりで、スピーチをするのはまだまだ難しいです。

原稿も大部分は教師との共同作業でなんとか形にしています。

それでもできるだけ本人の日本語を残そうと思い、必要以上に
訂正はしませんでした。

ですので、聞いていて

「ん!?」

と思う箇所は少なくないとは思うのですが、
そこは勘弁してください。

「この人一生懸命話してるなぁ~」と
思っていただければ、それで充分です。

さてさて、誰が優勝するんでしょうか・・・。

優勝するとビックな副賞がついてくるんですよ・・・・。

ムフフフフ。

ど、ド○えも~ん   
いよいよ、スピーチコンテストが今週末に迫ってまいりました。

今日も会話クラスをキャンセルして、スピーチの練習。

会話クラスに出ている半分以上がスピーチ参加予定なので、
特例措置とさせていただきました。

人数が多くなりそうだったので、Mさんには4時に来て
くださいと前もって連絡、MCをするAさんにも
3時半に来てもらうように連絡し、準備万端!

ただですね。

イベントの週というのは、鬼のように忙しい(気持ちが)
ので、予定通りものごとが全く進みません。

軽い気持ちで、当日のプログラムを作成し、学科長に見せにいくと、

「いや、これはこうして・・・」、

「来賓の挨拶の順番は・・」

「来賓の挨拶の依頼はちゃんとできていのか確認しにいこう」

などなど、あれやこれやとお仕事が増え、気づけば3時半から
急遽、学部長とのミーティングをセットされ、

あげく、約束の時間に学科長の部屋に行っても、

「まだ学部長が帰ってきてないからちょっと待って」

わしゃぁ、オフィスに学生待たしとるーいうねん!!


10分

20分

30分

カチーーーンときたので、(以外に短気なんですよ・・)

「明日またきます」と言って部屋を出ようとすると、

「あ、今、帰ってきたって!」

振り上げた拳はどこに降ろせばよいのでしょうか・・。

すごすごと学科長について学部長のお部屋へ・・・。

あぁ、ごめんよ、AさんとMさん・・・。

4時に呼び出したのは私です。

わたしは、わたしは長いものに巻かれてしまったよ・・・。

10分、いや5分で終わらせてすぐ戻る!

と心に決め、

とりあえず

「挨拶をお願いしていたんですが・・・」

と確認するものの、

「へ、知らないよ!?」

という顔をされた瞬間、

あ、無理だな・・・と思いました。

なんのためにプロポーサルを2ヶ月も前に出しているのかと!!

なぜ連絡が行っていない!!


ピンポンパンポーン♪


こんなときのJ○CAマニュアル

派遣国での心構え その1

「その国にはその国の時間の流れがあります。
 ときに頼んだ仕事が全く進まないこともありますが、
 そんなときにイライラをためてはいけません。
 そこは日本ではないのです。
 自分の常識で相手を判断してはいけません。」

なるほど、自分の常識、他人の非常識というヤツですな。

さすが、J○CA、いいこと言うなぁ~。



まぁ、そんなマニュアルは存在しませんが。

心のJ○CAマニュアルということで・・・。


はぁ、こんなとき、ド○えもんがいれば・・・・。



ちなみに、ドラえもんの道具で何が一番ほしいかといわれると、

ほんやくこんにゃくです。


                              
         
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。