よろしくどうぞm(_ _)m
    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
副大臣が!!   
昨日の夜、L先生のお部屋で同僚のH先生が真剣な顔で

「明日は大変なことになりましたよ」

とおっしゃるので、理由を聞くと、

「さっき急に連絡が来て、明日日本の外務副大臣が日本語オフィスに視察に来るそうです」

何故前日になってそんな連絡が!?

とは言っても、来られるものは仕方がないので、H先生と二人で7時半に出勤し、オフィス、教室のそうじ開始!!

ヨルダンの日本語教育事情を知りたいということなので、来て2ヶ月の僕は完全に裏方、見学なので若干気は楽ですが、H先生は説明用の資料を準備したり大忙し!

とりあえず、邪魔せぬように掃除!

掃除が終わり、5分ほどするとJICAヨルダン事務所の所長と調整員の方が来られ、30分ほど経ってから副大臣ご到着!

オフィスの前の廊下でお待ちしていると、まず大使館の広報担当の方が廊下を曲がって来られ、その後からぞろぞろっとダークスーツの強面の方々が!

SPだ!!

やっぱり大臣クラスはSPが付くのか~~。そういえば、ドラマ「sp」の映画化ってどうなったんだろう?

と思っていると、副大臣が集団の中央を歩いて来られました。

しかも、結構な数の同行者!

大使館関係の方に、大学の学長、学科長、広報、おまけにプレスまで!

いやいや、狭い日本語オフィスにそんなに入れるわけないがな!

入って来られましたけどね。

ぎゅうぎゅう。

H先生がヨルダン日本語教育事情の説明をされ、副大臣は熱心に質問を交えながら話を聞いておられました。

最後にヨルダン大学の学長(初対面)と副大臣と僕とH先生で記念撮影をして、終了。

時間にして30分もなかったんですが、終わった後はなんかどっと疲れました。

結局、これ何の意味があったんだろう?と思ってしまいますが、ま、JICAの広報活動ということでしょう。

で、副大臣が帰られたちょっと後、パソコン修理を依頼していた方から電話が!

「今、日本に保証書のことで問い合わせてるからもう1週間まって」

保証書とかいいから~~~~

この際直るなら多少のお金は出すから~~~~

人生とはままならんもんです。





スポンサーサイト
ポスターができあがりました!   
タイトルにもありますが、ヨルダン大学日本語コースの来学期の宣伝ポスターを作りました。

ポスターといってもA3サイズの小さなものです。

キャッチコピーは「wanna be unique?」。

ヨルダンの日本人学習者へのアンケートで、「日本語を勉強することで他の人とは違う特別な感じがする」という意見があったので、学生の自尊心をくすぐってみる方向で行ってみました。

ここで、実際作ったポスターをお見せしたいのはやまやまなんですが、

大人の事情で見せることができません!!

どうしても見たい!という方は私までご連絡ください。

そのポスターを印刷するさいに印刷屋がわからなかったので、困ったときのL先生にお願いして場所を聞いてみました。

前にも書いたと思うのですが、ヨルダンの母、L先生はとても親切です。

今回も、もう家に帰ってらっしゃるのに、「一緒に行きます」と言って頂いたんですが、申し訳なさすぎるので、必死に断り、とりあえず場所を教えてもらいました。

で、ぼちぼち行きますか、と同僚の先生と話していたところ、L先生から電話がかかってきました。

「やっぱり一緒に行きましょう! もう家を出て寮の前で待ってますから!!」

L先生~(TT_TT)

嬉しいけど、申し訳ない~。

結局連れて行っていただきました。

おまけに、そのときに夕飯のご招待までしていただき、夕飯ごちそうになってしまいました。

おまけに「3日は誕生日でしょ?その前の晩にお祝いしましょう!!」

L先生~~(TT_TT)

とりあえず、そのときにはお好み焼きでも作って持っていこうと思います。


少し話は変わるんですが、僕は親切にされるのがちょっと苦手です。

旅行中などで通りすがりの人に親切にされるのはまだいいんですが、日常的に交流する人に何かをもらったり、親切にされると、何かお返ししなきゃ!という気持ちが湧いてきます(当たり前ですが)。

自分のホームグラウンドで、生活基盤もしっかりしているのであれば、何か手伝ったり、お返しができるのですが、今の状態だと圧倒的にもらうことが多く、なんとなく、もらった相手に会うときに後ろめたい気持になるわけです。

僕自身が人を手伝ったり、何かあげたりするときは別に見返りがほしくてするわけではないので、その人が別にお返しをしてくれなくても別に気にしないというか、お返しをされるとさらにお返し返しをしなきゃ!という気持になるので、むしろ何もしいないでいてほしいです。

なので、それを他人に転写して考えると、そこまでお返しせな!という罪悪感を感じる必要もないとは思うんですが、とりあえず、できることがあればいつでもお手伝いします!という気持ちで生活するしかないですね。

うーーーん、人間てめんどくさい。


映画上映イベント   
人のパソコンを借りてまでも更新するブログ『Quatsch!Quatsch!』です。

先輩日本語教師隊員H先生がパソコン2台所持、で一方を使ってもいいという天使のごときお申し出をしていただいたので、図々しくも遠慮なくお借りしています。

うーーん、一体いつになったら、パソコンの修理の連絡が来るんでしょう?

直るか直らないかを言ってくれないとこちらとしても対応が取れない。


さて、そんなことはさておき(おいてもられないんですが)、昨日、日本文化紹介イベントということで、日本映画上映会を行いました。

実写映画とアニメ映画の2本立て!

今回は某SNSを利用して、あらかじめこちらで用意した候補作中から、JAAJの学生にどの映画を見たいか聞いてみる、という試みをしたんですが、1本目に上映した映画が割と重い内容の作品だったので、いきなり雰囲気がズーーンと落ちてしまいました。

申し訳ないm(_ _)m

でも、一応、意見を聞くときに映画の説明はいれたんだよーー。

俺が選んだ訳ではないんだよーーー!!

候補に入れたお前が悪い!ですよね。はい。

次のイベントは、、、、、、


折り紙です!

さて、どんな作品ができあがるのでしょうか!

というか、人来るのかな。。。


初体験   
初体験・・・。

どうでもいいですが、以前、大学のときに、友人のKさんと、「普段何気なく使ってるけどよく考えるとなんかHな言葉を言い合う」という、20代後半とは思えないような青春まっさかりな遊びをしたことがあるんですが、よくよく考えるとこの単語もかなりエロいなと・・・。

ただ、割と露骨なので、60点くらいですが・・・。

さて、これを読んだ人の半数ぐらいが引いたでしょうか。

まぁ、読んでる人は2,3人くらいだろうと思うので、1人に嫌われるくらいでしょう。

いい年して何を言っているのかといえば、昨日、人生で初めて「合コン」というものに参加しまして!

しかもヨルダンで・・・。

人生何があるかわからんもんですね!!

たまたまお知り合いになった日本人の方から、昨日急に、「今日、夜に日本人の男4人と韓国人の女の人4人で食事会があるんですが、来ませんか」というお声がかかりました。

なんでも、予定していた人が急に来れなくなったとかで急遽人数合わせが必要という事だそうです。

恐る恐る、「それは・・・俗にいう『合コン』ですか」と聞くと、

「その表現は避けていたんですが・・・まぁ、そうです。」

ほぉ、合コン!

恥ずかしながら合コンと呼ばれるものに行ったことがない私、こら、人生経験のために行っとかんといけません!!

というか、企業の方がメインということは、そこそこいい物が食べられる!ということです。

予想通り、日本食があるところで、なんと、SUSHI!です。

美味かった・・・。

日本の食文化は偉大だ・・・。

といっても、まだ日本を離れて2ヶ月くらいで、日本に住んでるころは2ヶ月すしを食わないとかごく普通にあったんですけどね・・・。

でも、なんというか、食えないものと諦めて生活している中で食べると感動も一塩というか。

まぁ、目の前の女性よりも、むしろすし!!みたいな感じになったことはいなめない・・・。

花より団子というやつですね・・・。


読まれた方は、協力隊の活動しろよ!って思われるかもしれないんですが、もちろん、ちゃんとしてますよ!!

明日は日本文化紹介イベントで日本映画の上映会をします。

映画の決定から、参加の呼び掛けやら、プロジェクターやら結構こまごまとお仕事させていただいてます。

あぁ、ちなみに、パソコンはやはり壊れたままです。
とほほ・・・。   
パソコンさんはお壊れになったままです。

現在、現地の方でパソコンに強い人にお預けして治せるかどうか見てもらっています。

ただ、預けてから5日ほど経つんですが、連絡が来ない・・・。
もちろん、ちゃんとした出自の人なんで、持って行かれることはないんですが、
できるなら早めに直るかどうかの答えがほしいなと・・・。

個人的には多分無理だと思うんですよね・・・。

ネットで調べた限り、おそらくマザーボードの交換になると思うので・・・。

はぁ・・・。

選択肢としては、

1.新しいのをヨルダンで買う
2.日本で買って送ってもらう

のどちらかだろうともう半分腹をくくっています。

1.は手っ取り早いんですが、現地のOSなのでアラビア語なんです。
もちろん、日本語入力できるようにするか、英語のOSを入れてもらうかすればいいんですが。

2.は日本語のOSが入ったパソコンが手に入るんですが、電気製品は関税が高いうえに輸送で壊れるのが心配。

んんーー、どうしようかなぁぁ。

大体、買って3ヶ月で壊れるってどういうこと!

LENOVOのあほぅー ほぅー ほぅー

*アンマンの丘の上から叫んでいるところをご想像くださいm(_ _)m

やばい   
パソコンさんがついにお壊れになったようです。

全然起動しません・・・。

とりあえず、修理に出してみようと思います。

しばらく、更新できないと思われます。

厄年でしょうか・・・。

確かに、今年の初詣のおみくじは最悪でしたが・・・。

はぁ、間違いなくデータ消されるよなぁ・・・・。

ヨルダンの母   
どこかで書いたかもしれないんですが、ヨルダン大学アジア言語学科にはL先生という韓国人の教授が住んでおられます。

このL先生は日本語を話されるので、大学着任当初からかなりお世話になっております。
つい先日も、韓国料理のレストランに連れて行っていただきました。

それ以外にも、

「スーパーの場所がわからないんですよ」と僕が言うと、「一緒に行きましょう」と案内してくださり、

「シャワーカーテンが無いんですよ」と言うと、「あそこのモールがいいから一緒に行きましょう」と連れて行ってくださり、

あげく、「冷蔵庫に食べ物が無いんですよ」と言うと、「私が作ってあげます」と言ってくださいます。

ご飯まで作っていただくのは、さすがに申し訳ないので、そこは丁重にお断りしたんですが、今日、夕方電話がかかってきて、「晩御飯作りますから、一緒に食べましょう」と声をかけていただきました。

(TT_TT)

韓国の家庭料理を頂いてしまいた。

おまけに、炊いたご飯と余った料理を朝ごはんにとお持ち帰りまでさせて頂きました。

もはやヨルダンにいる韓国の母です(/_\)

お返しに何か日本食でも作って招待しようと思うのですが、いかんせん引っ越してきたばかりで何も無い・・・。

変な料理作って不味かっても申し訳ない。

とりあえず、生活基盤をしっかり作ってから、きちんとお礼をしようと思います!!

とりあえずお好み焼きとかいいんでないかと・・・。

問題はソースですが・・。

とりあえず似た味のソースを探してみようと思います。
レッツ 書道!!   
こんにちは。

個人情報保護を気にしながら、写真とかコソコソとアップするブログ、「Quatsch!Quatsch!」です・

本日、JAAJの日本語クラスでラマダンイベントということで、書道イベントを行いました。

ヨルダンでは日本語教育機関として、公式にはヨルダン大学での日本語コースと、JAAJ(JICA研修生同窓会)での日本語講座の2つしかありません(のはずです。Berlitzでも日本語は教えるそうですが、今生徒がいないそうです。高いからねー)。

一応、その両方で日本語教師としてJICAボランティアが関わっています。

そのJAAJでは、去年、一昨年くらいから、日本語教師がラマダン中に文化紹介イベントを行っています。

もともと、ラマダン中は日本語の授業がなくなるので(授業時間が夕方なので、イフタールの時間とかぶるから、断食中で集中力がない、などが理由のようです)、その間に文化紹介をしようという趣旨らしいです。

去年は特に盛大で、「書道」「映画上映」「生け花」「スポーツ」などを毎週実施していたようです。

日本人的な発想ですが、去年そんだけやったということは、今年もやらんといかんということです。

うぅ、今年のラマダンはもうJAAJ授業ないんですけどね・・・。

と、いうわけで、とりあえず書道イベントを行いました。


ヨルダンにいる邦人の方が「書道クラブ」をやっておられるので、その書道クラブの方にお願いして、インストラクターとして参加してもらい、JICAのボランティアにも声をかけてお手伝いに来てもらいました。
(ほとんど先輩日本語教師隊員のH先生が連絡をとってくれているんですが・・・)

ヨルダン人学習者のほうは、前々日まで申し込みがあった人数が多かったため、急遽午前と午後の2回に分けて、参加者を振り分けたんですが、実際ふたを開けてみると、午前の部に参加した学生・・・


1人


ヤバイエー
(こちらの言葉で「マジでー!?」「どうしよー!!」の意、使い方として日本語の「ヤバイ」にかなり類似)

午前の部に参加していただいた書道クラブの方3名、学習者1名・・・。

ホント、申し訳ないです。

やはりラマダン中ということでしょうか、午前の出足が悪かったです・・・。

でも、一応、1人来てくれたので、イベント実施!!

とりあえず、最初に僕とシリア人の日本語の先生で書道について簡単に説明。

その後、書道部の方に実演を交えて道具の使い方や、書き方を説明してもらいました。

説明中
説明中

とりあえず日本人5人に対し、学習者1名なので、なんというかホント申し訳ない感じです。

JAAJの教師、兼生徒のH先生も書くほうに参加し、さらにJAAJの事務局の方も参加していただいて、なんとか人数のバランスが取れました。

そんな中、同僚の日本人教師H先生は、暇だったのか、自分でも書き始め、何を書くのかと思えば、

「和牛」

何故?
どうして?
ワーイ?
レーシュ?

下敷き代わりに使っていた日本語の新聞に「和牛」の記事があったからだそうです。

同じ日本人、同じ日本語教師として、日本語教師って・・・変わってるなと思いますね。

まぁ、そんなこんなで午前の部終ー了ー!

最後に自分の書いた作品を持って記念撮影。
できました

ちなみに僕が書いたのは、「食」です。

本日朝から何も食べておらず、図らずもラマダンをしてしまっていたので、腹へって腹へって・・・。

まぁ、そんなことはさておき、昼の部です。

午前に来てくれと頼んだ人たちが午後に来るんじゃないかなと思っていると案の定・・・。

盛況
大盛況

席も道具もあんまりないから午前と午後に分けたのに・・・(/_\)

いーみなーいじゃーん!!(懐かしいですねー)

午後は日本人が書道クラブ、JICAボランティア含め10人近く来てくださったんですが、それでも足りず・・。

書道イベントのメインは、JAAJの日本語学習者が考えてきた「日本語で書きたい言葉」を日本人がお手伝いしながら、筆で書いてみよう!というものです。

日本語学習者が考えてくる言葉は結構ユニークで「死神」(漫画「ブリーチ」の影響)とか、「黒い馬」(謎)とか色々あるんですが、面白かったのは、「嫌い」と「ラマダンで空腹」

何故?

ラマダンだものね・・・。お腹すくよね・・・。

あと、「彼女がほしいです」と心情を赤裸々につづった方もいらっしゃいましたが、さすがにあれなので写真は止めておきます。

最後に皆で記念撮影。
記念撮影

教室にはクーラーあったんですが、それでもこの人数が入ると暑い・・・。

事前準備とか、イベント内容とか反省点は多いんですが、なんとか盛況の内にイベントを終えることができました。

お手伝いいただいた書道クラブの方々含め、日本人の方ありがとうございます。


次は映画上映会だぁーーー!!


何かいい日本映画があれば教えてくださいm(_ _)m

何人に見えるんでしょうか?   
他の国に言った人も書いているのですが、ヨルダンでもぱっと見た見た目がアジア系だと、ほぼ間違いなく「シーニー(中国人)?」と言われます。

過去にヨルダンでの活動経験のあるSさんによると、昔はもっと、この「シーニー」コールがひどかったそうです。

街歩いてると、どこからともなく、石が飛んできたり、野菜が飛んできたり
したそうです。

別にぶつけるためではなく、なんとなく気をひきたいからそういうことを
するらしいです。

まぁ、もの珍しかったんでしょうね・・・。

で、今はというと、アンマン市内を歩いてる限り、そういうことはほとんど
ありません。

地方に行くとやっぱりまだあるそうですが、僕が今のところ歩いたかぎり
聞きません。

ただですね・・・。気になるのがですね・・・。

僕一人でタクシーに乗ったり、小さい店に買い物にいったりすると、何故か「フィリピン人?」って聞かれるんですよね・・・。

僕はフィリピンっぽいんでしょうか?

そういえば、ドイツでは初対面の人に「チベット人かと思った」って言われたことがありましたね・・・。

貴方それ髪型見て言ってない?と思ったものです。

さて、「フィリピン人?」て言われたあとに、「日本人だよ」と言うと、かなり高い確率で、

「おーー日本人、ジャッキー・チェン」という反応が帰ってきます。


ジャッキー日本人ちゃうわぁ!

と、切れても仕方が無いので、「ジャッキーは日本人じゃないよ、中国人だよ」と冷静に返します。

その後の返しには、僕の集めた情報によると2パターンあり、1つは

「じゃあ、ブルース・リーは?」

というものと、

「じゃあ、ジェット・リーは?」

というものです。

まぁ、どのみち、2人とも日本人じゃないんですが・・・。

ジェット・リー、有名になったもんだと1人妙に感心したりします。

ラマダン2日目   
こんにちは。

ラマダン始まりました。

キャンパスの中でも飲み食いしてる人がホントに誰もいない。

しかも、食堂、売店閉まってるし。

当たり前か。

私はというと、部屋の中でコーラガブガブ飲んだり、チップスバリバリ食べております。

だって、ムスリムじゃないもの!!

昨日、学科長とお話したときも、「別に部屋の中なら食べても大丈夫だよ」と言ってたし。

「外で食べると牢屋行きだけどね」という一文ついてましたが。

確か、ラマダン中に公共の場所で飲み食いしたら、罰金で、払えない場合は牢屋行き、のはずです。

まぁ、そんな無謀な挑戦はしませんが。

昼間でも食事を出してる店はあると聞いたんですが、わざわざ探し歩く必要も今のところないですね。

ただ、スーパーなんかの閉店時間が早くなっちゃうので買い物なんかは早いうちにすまさないと辛いです。

昨日、ラマダン初日に7時半ごろに韓国人の先生と一緒に買い物に行ったんですが、がっつり閉まってましたね。

空いてる店もあるんでしょうか?

要調査です。

でも、7時半ごろというと、ちょうど日が沈みイフタールのお時間。

そう、飲み食い解禁時間です。

皆、色々食材抱えて帰ったり、友人同士芝生の上でご飯食べたり、なんか楽しそうでした。

ちなみに色々な店の従業員さんもその時間はお食事の時間なので、店によっちゃ入店拒否されそうです。


あ、洗濯機直してもらいました。

どうも、コンセントの部分が壊れていたらしくそこを変えると動きました。ただ、ダイヤルは取れたままなので、かなり難儀ですが、まぁ、許容範囲かなと。

ただ、昨日の夜にバスルームの天井から水が降ってきました。

またしても水漏れです。

京都のマンションに続き、ヨルダンでも水漏れ

水難の相とか出てるんでしょうか。

これも修理してほしいんですが、とりあえずラマダン中なので、気を使って一日一作業をお願いする方針で行きます。


洗濯機と韓国料理と会議、そして明日からラマダン   
一日一回かならず更新する律儀なブログ。

だって、夜は暇なんだもん。

でもまぁ、日記だし、毎日書くのはいいことっすよね?たぶん。

今日、朝洗濯しようと思ったら、洗濯機がうんともすんともいわない。

とりあえず、手で洗うかと、洗面所のシンクで洗ってたら、今度はシンクの下のパイプから水が漏れ出す。

しょうがないので、バスタブで洗濯。

その後、管理人のところへ行って、洗濯機を見にきてくれるように頼む。

ただし、寮の担当者の方々はほぼ英語ができない方々のみなので、アラビア語で説明するが、僕が言えたのは、

「えぇ、問題があります。んんーーー (洗濯ゴシゴシのジェスチャー) 」

管理人さん「????」という感じだったので、「来てください」と無理やり連れて行く。

で、洗濯機を見せて、「動きません」と言うと、しばらく見た後、

「修理屋に電話するから1時間くらい待って」と言った。と思う!!!

しかし、その後待てど暮らせど修理の人来ず。

僕、12時に昼飯の約束があるんだよ~~~。

と思いながら何とかねばるものの、結局来ず。

明日からラマダンっぽいので、できれば今日のうちに修理してほしかったんだよなぁ~~。

まぁ、仕方が無い。とりあえず手洗いで行くか。

その後、韓国人の先生とその娘さんと一緒に、7サークル近くの韓国料理屋へ。

美味かったぁぁぁ

韓国料理万歳!!

韓国人に言わせるとまぁまぁらしいですが、それでも美味いっす。最高っす。

ビビンバとチヂミと韓国風味噌汁頂きましたm(_ _)m

チヂミを付けるタレが醤油風味で美味かったぁ~~。


その後、大学に戻って、オフィスへ。

今日は5時からJAAJの定例会があったので、ご挨拶がてら参加してきました。

JAAJは前に書いたかもしれないですが、JICAを通して日本に研修に行ったヨルダン人の研修生の同窓会です。

そこが、今では一機関として日本語教室を行ったり、ヨルダン人と日本人との旅行イベントを計画したりしています。

その日本語教室にもJICAの日本語教師隊員がボランティアのボランティアという形で入らせてもらっています。

行ってみると、服屋などとテナントが入っているビルの2階に少し広めの教室と事務所がありました。

教室は、大学の日本語オフィスの小教室よりも広く、絵カードなんかもそろっており使いやすそうでした。

小一時間ほど、会議があり解散。

今日1日、仕事をしたような何もしてないような。またそんな1日でした。

で、とうとう明日からラマダンが始まるようです。

今日の夜に、イスラムの偉い人が月を見てラマダンを始めるかどうか宣言するそうで、まだ確定ではないのですが、まぁ、ほぼ明日からでしょう。

ラマダン中は、日が昇ってる間は、食べ物、飲み物(厳密には唾液もだめらしいです)、タバコが全て禁止。

またラマダンの期間は太陽暦ではなく、太陰暦で決まるので、毎年10日前後ずれていきます。

んで、今年は8月のど真ん中。

ただでさえくそ暑く、日照時間が長い中、断食・・・。

せめて水ぐらい飲まないと健康に悪いと思うのですが、まぁ、イスラムの教えですから、しょうがない。

そんなわけで、ラマダン中はオフィスなどの営業時間もかなり短くなり、基本的に1時か、3時ごろまでには営業が終了します。

そんなわけで、冒頭の洗濯機の修理も今日のうちにしたかったんですよ・・・。

ラマダン中は皆、体力温存作戦ですから、あんまり動いてくれないそうなんです。

そりゃそうですよねぇ、暑い中飲まず食わずで働くんだからやる気も下がるわ。

そんなわけで、洗濯機の修理はいつになることやら。

しばらく手洗いかなぁ。

男の一人暮らし   
ようやく、家も落ち着いて、さてそろそろ自炊でも始めるかな、と思い始めた今日この頃。

そんなわけで、今日の晩御飯↓
syuwaruwa

はい、見事にできあいです。

めーんどーくさーいんだもーーん。

いい年して何をいっているのか。

アラブのファーストフード、シュワルマです。
シュウェルマのほうが現地の発音に近いような気がしますが、まぁ、どっちでもいいですね。

シュワルマは、ようはドネルケバブのアラブ版です。

写真のは「シュワルマ・アラビー」だそうで、ポテトとピクルスが付いてくるセットメニューです。
(ピクルスがやたらとしょっぱいです。)

「シュワルマサンドイッチ」というと、ポテト、ピクルスなんかを一緒に巻いたものが1本ぽーっんとやってきます。

シュワルマ屋というか、アラビーファーストフードの店は大学周辺に結構あるみたいですが、今日は昨日韓国人の先生が教えてくれた店で買ってきました。

どちらかというとアジア人好みの味で、美味かったです。

ただ、ピクルスとポテトが冷たくなってたので-20点。

とりあえず、古くなってるものは食うな!がここでのモットーなので、もったいないとは思いつつポテト、ピクルスが残しました。

全体的には70点というとことでしょうか(何様?)。

大学周辺、しいてはアンマンのマイシュワルママップを作りたいな、と考えております。

もちろん、日本語教師の仕事の合間にですよ。

ちなみに、今のところ好きなのはJICA事務所から少しあがったところ、バラカモールの裏のお酒売ってるスーパーのちょっと向う(解りにくくてすいません)の持ち帰りオンリーの店です。

味もいいんですが、そこのレジの兄ちゃんは以前日本にいたことがあるらしく、「どうも」とか「おはようございます」とか「ありがとう」とか片言の日本語を言ってきて、かなり陽気。しかも英語が割ときちんとできる(ここ重要)。

ただ、調子がいいので、気をつけてないと値段ごまかしそう(失礼)。

もう、ドミから引越しちゃったのでなかなかいけそうにないんですが、事務所に行く用があるときは、ちょっと寄ってみようかと思います。



さてさて、こっからはちょっと真面目なお話。

ヨルダンに来て、今日で1ヶ月と11日が経ちました。

ここまで語学研修、ホームステイ、初授業、引越しと慌しく過ぎ、気づけば赴任してました。

で、赴任してすこし落ち着いたと同時に少し疲れが出たのか今日は風邪気味です。

もちろん、まだ慣れないことだらけで毎日気を張ってるんですが、それでもなんというか一段落です。

これから自分の活動などを考えなければいけないんですが、なんかぽこっと気が抜けてしまいました。

これまで集団行動が苦手だと信じて生きてきたんですが、同期の隊員とのドミでの共同生活が予想外に楽しく、彼らと別れて一人で生活しているとなんとなく寂しい(似合わないですね、はい)というのもあります。
(いや、まぁ、家近い隊員がほとんどなんで会おうと思えばすぐ会えるんですが)

ドイツに留学したときは、「日本人とはできるだけ関わらないように、日本語は使わないようにしよう」と最初は思っていたもんですが、何か今回は少し違います。

あの時みたいに、相手が英語使ってきても、必死にドイツ語使ったり、できるだけ現地人と絡もうとしたりしよう!という気にならないんです。

多分、まだアラビア語が駄目駄目だからかなぁ。

そういえば、ドイツのときも最初の一ヶ月は英語中心だったかな。それで、デュースに行ってから必死になってドイツ語使おうとしてたかも・・・(今思うとこいつ必死だなって感じっで恥ずかしいですが。あ、多分今でもそうですね)。

大学の学科長は英語が当然ぺらぺらだし、大学の学生もぺらぺらなので業務は全て英語でこなせてしまいます。

僕の英語もさして上手くはないんですが、それでもアラビア語の100倍くらい言いたいことは言えるので、どうしても英語のほうが早いし、ほぼ確実に情報が伝達できるんです。

でも、それで業務をこなす度に、頭のどこかでずるしてる感じがするんですよね・・・。

本来アラビア語でするべきところを英語で逃げているというか・・・。

もちろん、先輩ボランティアの人の中にも業務はほとんど英語だよ、という人もいるので、それが悪いことではないのは解るんですよ。でも、なんというか、自分に楽させてるような後ろめたさを覚えるというか・・・・。


んんーーー、難儀だな、俺。


来て1ヶ月、大学に引っ越して4日、生活のペースが全然掴めてない、というかまだ自分の立ち位置がわからないという感じ。

あぁ、でもそうか、まだ来て4日か。そら右も左もわからんわ。

ぼちぼち、シュワイシュワイ行きましょうか。

どうでもいいですが、「シュワイシュワイ」が最近のお気に入りです。

「シュワイ」が「少し」という意味なんですが、「シュワイシュワイ」で「ゆっくり、少しずつ」のような意味になります。

ホームステイ先のホストファーザーの弟さんと話してて、「勉強してるんだけど、アラビア語がまだ上手くないんだ」というと、「大丈夫、シュワイシュワイ(少しずつだよ)」と言われてちょっと癒されました。

ただ最近、アラビア語で話す相手はもっぱらタクシーの運ちゃんという状況です。

ランゲージパートナーを真剣に探そうかなと思う今日この頃。

その前に、家にシャワーカーテンを買わないと、あと洗濯機直してもらわんと・・・。洗濯物溜まってきた。

今後、このブログが僕の思考整理の場と化していくと思いますが、すいません、読まれた方は、「こいつ大変だな」と笑ってもらえると助かります。

引越し パート2!!   
えぇ、パソコンの調子が悪いです。

電源は入るものの、CPUが空回りしているかのように、なかなか起動しません。

5回に1回くらい機嫌がいいと起動してくれます。

どうしよう。こっちでパソコン買うと高いし、アラビー仕様だし・・・。

くぅ・・・(/_\)

どうにか、パソコンさんの機嫌が回復することを祈るばかりです。

てか、買って半年経たずにこれってどうなのよLENOVO!!

何、砂漠仕様にはなってませんとかそういうこと??

なんとか2年間使ってやる!!

ヨルダンに遊びに来たいという方、パソコン買ってきてくれたら、どこでも案内します。




前回、新居に越したと書いた筆のインクが乾かぬうちに(インクもペンも使ってませんがなんとなく)またしても引っ越しました。

理由は広すぎる、というのと、寝室の真横を深夜でも車がバンバン通って寝れない、というのと、全体的に部屋が・・・小汚いという3点です。

協力隊でいっておいて、何を言ってるんだ!!というおしかりはごもっともです。

甘んじて受けます。

ただね、他の隊員の部屋と比べても明らかにランクが低い気がするんですよ・・・・。

やっぱり自宅は落ち着ける、リラックスできるところがいいです。2年住むわけだし。

というわけで、昨日、ハウジングデパートメントに乗り込み直談判。

ただ、「古い」とか、「広すぎる」とか言っても「住んでる人もいる」で片付けられるに決まってます。

実は、ホームステイ終ったあたりから、全身に虫刺されみたいなじんましんが広がってまして(カミングアウト)・・・薬塗りつつ経過観察中なんですが、ふと、思いつきで「これ使えるんじゃ?」と考えました。

僕:「いやぁ、部屋がちょっと汚くて・・・、今じんましんが出てて、これにもよくないと思うので・・・。」

ちらっ(袖をまくってみせる)

HD責任者:「うーーーん」

効果てき面です。


といっても、さすがにそんなすぐには動いてくれません。なんといっても、大学事務室ですから。

とりあえず、部屋変わりたいという旨の一筆を書いて、ハウジングデパートメントのサインをもらい、2,3日後で大学が返答するということでした。

まぁ、大学の対応としてはこんなもんでしょう。上出来です。

第1ステップ終了。

こちらとしてもハウジングデパート行ってすぐに解決するなんぞ考えちゃおりません。

第2の手段、学科長直談判です。

途上国(ヨルダン言うほど途上国じゃないですが)の常識、タップダウンです。

上からなし崩し的に攻略するというあんまり褒められた方法ではない手段も当然行使します。

というわけで、アジア言語学科の学科長ののところへ。ヤギのように穏やかでとてもいい先生です。

ラッキーだったのは、学科長のお部屋に入ったときに、ちょうど韓国語学科の先生もいらしたことです。

彼女は日本語が話せる先生で、プラスとーーーっても親切です。

僕が部屋のことを話すと、「それは変えなきゃ駄目!」と一緒に学科長に言ってくれました。

最初は「部屋を変えるのはちょっと・・・。」と渋っていた学科長ですが、今住んでいる部屋を改装して住めるようにするから、それまで一時的という形で部屋の変更を許可してくれました。

その後、学科長の秘書の方が色々と電話をしてくれて、なんとその日のうちに違う部屋に移ることができちゃいました!!

ラッキー!!

しかも、引っ越すときに寮のキーパーさんがすごく丁寧に新しい部屋を掃除してくれたんです(/_\)

ありがとう(/_\)

でも、塩素系とか洗剤をごちゃまぜにして部屋にまくのはちょっと危ないんでないかい?

と、いうわけで引っ越しました。

大学内の別の建物で単身者用の寮です。

とりあえず期間限定という話ですが、あのおっちゃんがあんなに頑張って掃除してくれたのに、また引っ越すなんて俺にはできません!!

先住権を主張し、がんとして動きません。

先住権を否定するのはパレスチナ否定も同じだ!!と叫んでやります。

だって新しい部屋、こざっぱりしてて落ち着くんだもん。

静かだし・・。


引越し完了?   
昨日、先日書いた新居に引っ越しました。

ただ、引っ越して改めて見ると、結構おんぼろなんだよなぁ・・・。

同僚の日本語教師の先生の部屋と比べても格段にぼろい・・・。

おまけに、寝室が通りに面していて、一晩中車の音がしっぱなし・・・。

どうしよう。部屋変えてもらえないかなぁ・・・。

とりあえず、明日、ハウジングデパートメントと学科長にご相談してみようと思います。

まだ、契約書きちんと書いてないから、間に合うかも?

駄目だろうなぁ~~~。

でも2年暮らすから、やっぱりできるだけいい部屋がほしい。

前の日本の部屋、結構ひどかったもんなぁ。

住居関連の運はないのかもしれない・・・(T_T)
新居   
ジョル大での授業2日目

うーーん、ちょっと失敗しちゃいましたかね・・・。

一番下のレベルのクラスの授業も今日、明日と代打でやるんですが、ちょっと学生の日本語力を読み誤ってしまいましてた・・。

ちょっと難しいことをやらしてしまったようです。

申し訳ない。

いかんいかん。

明日は修正せんとなぁ。

練習問題と会話の日なんで、無難に行くぞ・・・。

そんなこととは関係なく、今日、新居となる大学の寮の鍵をゲットしました!!

念願の我が家です。

こっからが現地生活開始って感じです。

スーパーの場所とか調べないとなぁ・・・・。

というわけで、上手い地元食堂を探そう、と授業を利用して学生に聞き込み。

ちょうど「ーはーにあります」という項目だったので、

僕:大学の近くにおいしい食堂はありますか。

学生:バーガーキング(外資系チェーン=高い)が正門の前にあります。

学生:マクドナルドがバーガーキングの隣にあります。


そ・お・い・う・の・じゃなくてぇ~~

僕の聞き方が悪かったんです、はい。

「正しい質問をすれば、正しい答えが返ってくる」 映画『サンキュースモーキング』より



とりあえず新居を見た限りでは・・・、ちょっと小汚いです。

引越したら、掃除用具買いに行って掃除し倒してやる!!

ちなみに台所にガスコンロが無いので、カセットコンロ2台体制で行こうかと思っとります。
あと、ちっさい炊飯器も必須!!

ベッドルームは何故か2つ(多分家族用なのかもしれません)。

そのうち1つはなんと・・・

ダボーベッド
ダブルベッド!!

ふぅ、念願のダブルベッド生活(そんな生活があるのかはさておき)

リビングも結構ゆったり・・・。
リビング

ゆったりというか単に物がないだけですが、海外生活とは多少の不自由に目をつむるものです。

ただ、テレビがないので、とりあえず暇ができたら買いにいこうかなと思います。

ネットも大学の提供してくれるものがあるんですが、月幾らまでというリミットがあるので、もしかすると個人で契約したほうがいいかも・・・。

とりあえず明日の授業が終ればしばらく大学は夏休みなので、徐々に部屋の改築をしたいなと・・・。

今までやったことはないんですが、日曜大工に手を出すか?と考えております。

初授業   
ホームステイから帰って次の日の今日、

私、ヨルダン大学での初授業に挑みました!!

エジプトへ研修に行かれる同僚の先生の代打ということで、今日から3日間授業をします。

というわけで、今日はヨルダンでの初授業です!!

今日はレベル2の授業1コマを担当。

導入項目は「ーはーにいます」

ちなみに、ヨルダン大学の日本語はゆっくりペースで、1つのコースでみんなの日本語の5課分しか進みません。

なので、導入項目は上の1つのみ。

生徒数の少ないクラスなので、ちょっと気が楽です。

昨日、ホームステイから帰ってすぐに教案作成。

いざ授業!!です。

とりあえず、最初はアイスブレイクってことでカードを使った自己紹介ゲーム。

休んでいた学生がいるので、前の授業の項目をゆっくり目で復習して、練習問題。

その後、新出項目を導入。意味の確認をして、「ーはーにいます」と「ーがーにいます」の違いを学生に考えてもらいました。

練習問題をして、応答練習をして、さて終るかと思ったところ、5分ほど時間があまる。

困った・・・。

というわけで、受講生の一人が連れてきていた見学の学生を使って通訳タスク。

なんとか乗り切りました・・。

反省点
・「何もありません」、「誰もいません」を覚えているか確認し忘れた。
⇒明日もう一回確認する

・最終試験のインタビューシートを配布するのを忘れた。
⇒明日渡す

・語彙のコントロールがちょっとゆるかったかなぁ?
⇒あれぐらいでいいような気もする・・・。

全体的に駄目な点が多々あったんですが、とりあえず最初の授業は終わりました。

媒介語をどの程度使うかとか、やっぱり難しいなと思います。

とりあえず、今から昼寝して、その後明日の教案作ります!!

でも、夜はとりあえず祝杯です。

以上!!

ホームステイ In ヨルダン   
語学研修の締めくくりとして、7月の29日から2日まで4泊5日のホームステイに行ってきました。

基本的に1人1家族、アンマン近郊の都市へと散っていきます。

ちなみに、このホームステイ、人によって当たり外れがあるという風の噂があります。

まぁ、僕がどっちだったかは・・・、書けません。

大人の事情です。

かなりストレス溜まったとだけ言っときます。


アンマンからザルカを経由し、地方都市バラーマへ。

バラーマはアンマンと違い、ちょっと田舎なので、行く道すがら、ディス イズ ヨルダンな光景が広がります。

土漠
土漠

土漠2
土漠

やぎさん
当然、やぎに通せん坊されることもしばしばで・・・

そんなこんなでバラーマ到着。

ホストファミリーにお会いしたんですが・・・・

ホストファミリーの親父さんが、超怖いんです・・・。

家族も、親父さんがリビングにいるときはほとんど寄ってこないし・・・。

しかも、親父さん超無口っていうか愛想がないっていうか・・・・。

結構頑張って話しかけたんですが、響かない・・・。

見た目からして結構強面っていうか、パチーノっていうか・・・。

パチーノ
ジョルダニアン・パチーノ

鬼の顔にも
孫の前では別人(かなりパチーノ似)

全然話してくれないし、話しかけても一言二言しか返ってこないしで、最初の2日間くらいかなりストレス溜まったんですが、最終的に、「うん、こういう人なんだなっ」ということで納得しました。


そんな中、ホストファミリーのお子ちゃま達に癒されておりました。

癒し
癒し

赤ん坊を抱いてる女の子は、暑がってる僕にいつも、「水飲む?」と聞いてくれたり、部屋に果物持ってきてくれたりととても優しいよい子です。

アハマド
時々わがままな長男

前に、ここでヌンチャクブームのことを書きましたが、その写真をある子に見せたところ、「作る!」と言い出し、冗談半分で「やってみー」て言ったところ、

手製ヌンチャク
作ってきた!!

ちなみにこの子に連れられて、半ば強制的に、近所のがきんちょとサッカーをすることに、

近所のお子様
空き地

チームバラーマ
チーム バラーマ

グランド
後ろにはヤギの群れ

運動不足のおじ様は、夕方の強烈な西日の中走ること5分でダウン。

しかし、結構ガラスの破片とか散らばってるところで、裸足でやってる子とかもいて、「大丈夫かいな」とも思いました。

4泊5日でホームステイは終了。

いいことも嫌なこともたくさんありましたが、とりあえず、色々なことを考えた5日間でした。

                              
         
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。